患者を明るくする人♪


不調は心配事

病院に縁遠かったのに~

気をつけているのに~~

やっぱり、年齢的な不具合が出やすい

だから相性のいいお医者さんは

日々の安心です



咳喘息でかかっている

呼吸器内科の鈴木幸男先生


d0339674_12150851.jpg


なんか、子どもみたいな笑顔~

北里の総合内科部長、予防医学センター副センター長です。




明るくクリアーでテキパキした方です

説明は明快で

質問にもきちんと

素人の私にもわかりやすいように答えてくれます。



伝えたことをすぐパソコンに打ち込んでいく方なんですが、

「この頃ヒドイめまいが起きるんですよね~」

というと

耳鼻科に行ってみますか?と回してくださいました。

でも、その耳鼻科の先生と

残念ながら相性がイマイチでした。


「思い切って質問もしているんですが

毎回説明がないんです。

僕は専門家ですからって言われちゃうんです。」

と答えると

ナントそれもパソコンに打ち込んでじゃった!

思わず

「先生!そんなこと書いていいんですか?」

「いいんですよ。

ちゃんと言ったほうが本人にもいいんです。

それに”〇〇先生がいいという患者さんもいますしね”」


納得!


たまたま私は

『自分の症状、状態や理由を聞いて、

日常の中での対処をしたい』

私はこのタイプの患者なので、納得がポイントです。

残念ですが、そのお医者さんと私が

未来への見方がちがう

ということなんですね。


鈴木先生のこのひと言で

担当医を変えて頂いたことへの

居心地の悪さが消えました!



「ウエザさん、7番にどうぞ~」
(もちろん本名で呼ばれますが)

「ウエザさん、おはようございます!おかけください!」

!のマークがつく元気な挨拶や応対に

毎回元気になって

治った気になれちゃう。

ありがたいコトです^^



アレルギーの人は『咳喘息』にご用心
病名分かってスッキリ!  

d0339674_12150872.jpg



 

35歳になったら知っておこう更年期
『Youtube 40歳からのきれいの心得』 2015
『更年期の基本のキ』



<< 眉の助っ人たち! 失ったモノと得たコト >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie