白髪のなやみに2


女は40歳からが本番だからネ

ここからもっときれいになっていこうよって

思っています


女性ホルモンに振り回される時期でもあるので

女ごころチアアップの”ツール”になればと

スキンケアーなど”モノ”の紹介もしていますが、

そういう時は、

1週間とか1か月とか、

モノによりますが、試用してみて

40歳からの女性の”女ごころは上がるか”

じ~~と観察してみます 



ただ今回は初めて

未試用で、モノをご紹介いたします。

(理由は動画Youtubeをご覧くださいませ)



Youtubeからお越しくださった皆さん

お待たせしました



白髪染め

『スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント』です。



・1回できれいに染まる染毛力

・髪と頭皮への優しさ

・染めるたび髪の補修になる


この3つが処方の特徴です。



まず、

浸透型コラーゲンによって

髪の内部に色素が浸透し

同時に色素を引き込み

とうもろこし由来のたんぱく質でコーティングすることで

色の入りと色モチを実現。




PHが中性で髪や頭皮に優しい処方

part1でお話したジアミンはじめ

パラベンなど5つの成分フリー。
(成分名は?に記載されています)



ヘアサイクル 抗炎症 フケ痒み抑制 消臭成分など

育毛剤共通成分7種類配合で

頭皮のケアをめざし

そして

研究開発で細胞レベルで確認したという

白髪ケア成分、3種のペプチドを配合。
(PART1に書いています)



最後に、

染めるたびに

キューティクルを補修して

エイジングによって失われる髪のつやがアップ。

しかも、髪の強度も上がるそうです。

ここ、私的に ポイントでした。




d0339674_12154370.jpg


アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント







さて

PART1から、なぜ

ヘアケア製品にウルサく書いているのか

その理由で終わりたいと思います




私はアレルギー体質で、それは

頭皮から始まりました。



30歳ごろのことです。

髪にちらほらと白髪がみえて

市販のヘアマニキュア剤を使って

自宅で、髪を染めました。


この、ドッテコトナイことが

アレルギー体質発現のきっかけとなって

以来25年

まあ…全身のどこかがつねに痒いです



中でも強烈にアレルギーを起こした頭皮は

今も1番”怪しく”

信用できないパーツ

用心しています。


たとえば

パーマはかけない。

かける時は、

体調と季節を選び

皮膚科の薬を片手に

シャンプーは超厳選

ヘアケア製品は、髪”のみ”に使用。

スプレーやムースなどガス入りはご法度


ただ、

アレルギーという点をはずせば、

頭皮はすこぶるすこやか

ダメージの元となるものが使えなかったおかげで

GOGO歳にしては

髪のコシハリは存分に維持

疎水性も高い(高すぎる.....)

元気な髪です


今思えば

けがの功名ですネ




ふしぎなことに

私のアレルゲンにヘアマニキュアは入っていません。

それなのにあの時

髪の3分の1が抜けてしまった・・・・・

それは

ストレスや過労という”ベース”があって

ヘアマニキュアという刺激が”引き金”になった

これが、皮膚科医の見解でした




髪の色を変えたり

で水着や短パンになれたらなあと

幾度思ったことか……


痒い肌

ブツブツがある肌

色が変わってしまった肌

痒くて眠れない夜


いつまでたっても

何歳になっても

慣れません


いいことないので

気をつけてほしいのです




慎重に、ていねいに

自分の体質、髪質に合うものを探す

これが大切です


そして

長いつき合いになるものですから

バリエーションを持っていると

よいと思います


敏感肌の人はかならず

パッチテストをしましょうね

パッチテストの方法はYoutubeでお話していいます。

映像のほうが分かりやすいと思いますので

よろしければ~

    


ブログ 白髪のなやみにpart1こちら

長いブログのきっかけはこちらです Youtube40歳からのきれいの心得



<< 白髪のなやみに H&Bトークの集い >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie