あの博士の新ブランド


『サノフロール』を作った

バルツ博士が

新しく作ったブランド




『FINESSENCE』



d0339674_12161071.jpg



これも at健康博覧会






売却した頃から

サノフロールと縁遠くなって

一抹の淋しさアリでしたが

新しいブランドを始めていたんですね





さっそく、香り探索



まず、私にとって生活必需品

なくてはならない

ラベンダーと

ティートリー、ユーカリラディアタから。



ラベンダーは

雨上がりの夜気のような

まぁるい甘み。


薬っぽい香りのティートリーは

練れたやわらかさが。


シャープな香りのユーカリラディアタでさえ

どことなく優しい。



ピシッとキレのいいローズマリーにも

甘さを感じます。


濃厚な甘さのイランイランは、逆に

淡い甘さが幾重にも重なったようで

上品な香り。




ふしぎとやわらかさがあって

奥行きを感じます





ピンク、ローズ グリーン、パープル

パッケージの色使いも

とてもかわいくて

こんな香りかな?

と想像がふくらみそう




でもこれ

用途別のおススメでした

リラックスしたい時はこちら

元気が欲しい時などはこのグループ

というように。

アロマ初心者にもわかりやすいですね。





品質は

ベルツ博士ですから間違いないでしょうし

価格が手ごろで 



これから本格的に

日本で広めていくそうです。







アメリカに取材に行って

アロマテラピーを知り

日本で探したのが

アロマとの出会いで

かれこれ30年くらい前ですから

わりと長いアロマ愛好家なんですね。



その頃の日本でアロマは

まったく一般的ではなくて

香りのキャンドルと似た扱いだったかな~


精油自体、手に入りにくかった





風邪撃退

頭痛軽減 

肩こり対策 

睡眠導入 など

薬の代わりの『ヘルスケアレシピ』を求めて

本を読んで試して覚えていましたが

高品質のサノフロールを知って

さらにのめり込んだのでした。





想い出深いブランドの

次の世代登場は嬉しい


香りもとても好みなので

取り寄せてみようと思います







d0339674_12161092.jpg






  
   
<< 沖縄発の低糖質 意外な場所生まれのお茶 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie