白湯

いわゆるこれが

白湯のふしぎ、チカラなのかな?!

という経験をしました。




d0339674_12161787.jpg






白湯が美味しいなんてビックリ◎0◎






美味しいというより、正確には、

無意識に、立て続けに

3杯もおかわりした

でした。




これに驚く理由は…



”白湯をゆっくり、すすって飲む”と

便秘解消になるとか

体調改善するとか

体調がよければ甘みを感じる

と読んで、興味が湧いて

”朝一白湯”を

トライしてきました。


けど、私はあまり実感が得られず・・・


だいたい

白湯は味がないわけで・・・

たとえばコーヒーのように

美味しい~ ハッピー~

というモノではないわけで

結局、毎回、長続きしません。


そのくせ

どうも気になって

実は今も、トライ中です。


歯切れがよくないそんな理由から

今朝の感覚に

いったい、どうしたことかと

私自身がビックリしたわけなのです。







昨夜遅く帰宅して、寒気がして

いつものように”アロマde対策”して眠りましたが

今朝、目と喉に風邪が居残っていました。



この、風邪が本格化しそうな体調と

初めて、違和感なく白湯をするすると飲めたことは

気のせいではなさそう~

無関係ではなさそう~







からだが必要としているものは

たとえそれが苦くても

気にならない

美味しく感じることもある

と、漢方では言います。




免疫力が落ちて風邪菌に負けそうだった体調と

いつもの白湯なのに、ごくごく飲めた

これはきっと因果関係ありだろう~

そんな予感で、しばらく

気の入った実験になりそうです(^∇^)v





ちょいちょいシンガポールに行く友人に

この白湯の話をしたところ、

ヘルスコンシャスなシンガポーリアン女子は

食事の時、

チャイニーズてティーではなく

よく白湯を頼んでいる

と言っていました。
<< 丸山珈琲 じぇじぇじぇ! >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie