良い眠りにつくために

毎冬愛用のムートンの室内履きが、

行方不明(泣)

毎日足先がチメタ~イ(涙)


この現代に”しもやけ復活”と聞きます

足&足指マッサージで血流改善ですよ


女性は男性より冷えやすく

年齢と共に冷え傾向は強まります



手足が冷たいと眠れない…

寝つきが悪くなりますよね~


『体の深部の体温が下がると、眠くなる』

人間のからだはそうなっているので

眠る前にいったんからだを温めるのは

自然な眠りの導入に、よいのです



体温を上げるカンタンな方法は 

お風呂です


寒い冬

しっかり温まって

体温が下がり始めるお風呂上り30分くらいで

眠りにつく。

体のしくみとしては理想的ですね



とすると・・・・・・・・・

家事をすませて、寝る前に入り

ボディ&スキンケアして髪を乾かしてだいたい30分くらいですから

そうしたらすぐにベッドへGO

これがベスト

主婦やハハはタイヘンだけど





ベッドは、温かいほうがいいですね~


ほかほかと温まったからだはいいカンジなのに

ベッドにもぐりこんだら  チメターイ

こういう刺激は、眠りのじゃま





私は湯たんぽを愛用してます


d0339674_12162399.jpg




布団の中が温室みたいにほんわか 

これが眠気をさそうんです

時間とともにお湯が冷め

ヒトのからだのしくみとも調和します。

それに湯たんぽはお肌が乾燥しません

理に適っている優れものなのです




電気毛布は残念ながら逆で

お肌が乾燥しやすいので

ベッドが温まったらスイッチOFFがおススメです。


ウォーターベッドもいいですよね

中の水を温められるから

ベッドのすみずみまで、安全地帯






睡眠と体温は寝つき、熟睡に関係があります。

ヒトのからだのしくみに合わせることで

ベースとしては、眠りやすくなるはず


寝つきにくい人は

アロマの活用もおすすめ

気持ちいい~と感じるお気に入りの香りでOK

軽いストレッチも

筋肉がほぐれることで、気持ちもゆるみますよね






寝入りばなの脳は

それはスゴイ勢いで情報処理しているそうですし

成長ホルモンも寝入りばなの不快睡眠時に分泌でしたね

たっぷり出して、アンチエイジングです



眠りの導入に気を配って悪いことは、ひとつもない


ぐっすり眠れると





東京も昨日からぐっと冷えています。

温かくしてくださいマセ



こちら もご参考まで




      
<< 朝一できれいに おススメ風邪対策 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie