ベンリな場所でドン


表参道の骨董通りのわき道を入ったところに

にはキラキラ輝く大きな木を

SHOPが囲む素敵なエリアがあって

その1番奥に、福井の物産”店”?

その店の横の重厚な門にかかる暖簾をくぐると

広々としたりっぱな和食やさん


現地の旅館が経営していると思われます、

名前が『望洋楼』だもの~



さすが福井 海鮮が充実 


d0339674_12165090.jpg


ランチ バラちらしと越前蕎麦のセット




海鮮だけでなく

今や福井名物として有名な『ソースかつ丼』もありましたヨ


『福井のソースかつ丼』

昔、料理番組で取材に行ったんですよね~


キャベツがなくて

ソースに浸した黒っぽいカツが数枚

丼の白いごはんの上に乗っている

シンプルなビジュアルを思い出します


そのお店の方の話では・・・・・

東京の下町で営んでいた先代?が

疎開で戻ってきた福井で再開して

そののち福井の名物になったと伺った記憶…

当時はキャベツが手に入らなくて、ごはんとカツになった

という、さらに淡い記憶…


ソースかつ丼の名が広まっても

東京発祥というこの話、あまり聞かないなあ



望洋楼

      
<< 街静か 放熱中 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie