ソーシャルジェットラグ


『ソーシャルジェットラグ』って聞いたことありますか?

学会の体内時計のセミナーで、この言葉を知りました。


ジェットラグは海外旅行で困らされるあの時差ボケのこと。

(年齢とともにきつく感じるようになった体感は、事実でした)

体内時計のズレは日常生活の中でも起き

それを『ソーシャルジェットラグ』と呼ぶそうです。


だれでもきっと実感あるはず


たとえば会社員の方なら

花金(と今は言わない?)に遅くまで遊び、

土曜は寝坊、活動開始は昼近く…

その流れで迎える日曜日

という夜型週末が明けた月曜日

アタマもカラダもシャンとしないな...

これが 体内時計がくるった時差ボケ

=ソーシャルジェットラグです。


週末の たったこれだけの夜型生活で生まれる時差は

若い人で3時間ほどになるそうですから

月曜午前中はほぼ使いモノになっていない かも?


その時差は日々修正されますが

驚くべきことに完全に戻るのは、木曜日あたりらしいです‼︎

翌日はまた花金‼︎


木曜日までだらだら社員では会社は給料払い損(笑)

だけでなく

体内時計リズムと”社会的時計”を合わせようと

アタマもカラダも必死の4日間は

当の本人にも気づかぬストレスですよね。


つい“Fun”に偏って書きましたけど

現代社会では夜働く人たちがたくさんいます。

その数は増加していて、もっと増えるでしょう。

睡眠と夜間勤務による肥満や

生活習慣病のリスク上昇の因果関係が解明されてきて

夜間勤務の方たちの健康、日常生活、社会への参加、

それら両立が問題視されているそうです。



上記内容にほど遠い個人のハナシですが、

この頃 5:30に目覚めちゃいます。

学会通いで早起きするからと思いましたが

どうやら年齢的なものと自覚しました。

朝型矯正が成功!と思ったのでガッカリですが

人のカラダは正直ですね〜


長寿となった今、

加齢によって起こるいろいろを“不都合”と考える方に

『予防医学』は役に立ちます。

同時に、予防医学という考え方は時代背景とも合って

今後もっと重要視されていくのだろうな

とこの3日間で強く感じました。



ではでは今週も

健康でキゲンよくおすごしください



オマケ♪

7時間睡眠が 長寿への道



d0339674_12165276.jpg

      
<< 日本初上陸 チョイと抜け出し >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie