肌ケアとメンタルケア

d0339674_12171108.jpg


湘南記念病院「かまくら乳がんセンター」センター長

土井卓子先生 講演中


カミツレ研究所 華密恋の薬用入浴剤が

乳がんの術後や治療中の皮膚にどう効果があったか



先生の患者さんは

「放射線治療前に入浴剤を使い始めると皮膚に対する効果を感じた」

「抗がん剤治療中は患者は香りにもかなり敏感になるものだが

天然カモミールの入浴剤の香りには抵抗がなく

導眠効果があった」そう

治療中のイライラも緩和したという報告も




「患者さんには支えが必要 とてもダイジです」

と土井先生は力説します

医療者だけでなく

術後、治療中 肌やメンタルの改善に役立つモノ含め

あらゆることでと


土井先生の患者さんに対する想いは熱く

温かいものを感じます






d0339674_12171193.jpg






d0339674_12171274.jpg







d0339674_12171207.jpg






年に6万人もの日本人女性が罹患する乳ガン

欧米よりまだ少ないというものの

罹患者数は驚きの早さで上がっています


基本的には命を取られないガンと言われるので

早期発見がものをいいます

早く見つけて大きくしない

転移させないということです


だから

年に1度の検診! なのです。




<< MARC JACOBS ICO... 朝カフェ >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie