うわさの生姜のお店へ

生姜ブームですよね!

本屋さんに行くと

黄色い装丁の本がたくさん並んでいます。


うちの冷蔵庫にも

日干しした[乾燥生姜]と

陽干し生姜を水とキビ砂糖で煮込んだ[生姜シロップ]と

大量に作りだめする[ネギ生姜]

が入っています。

最近の、常備品です。



「生姜で温め」 

「夏こそ冷え対策」

ジマンじゃないけど15年位前から言い続けているのは

取材などで体を冷やす生活が長かったせいで

生活の知恵なんです。



こういった食材をつかった温め計のものは

料理や飲み物に入れるだけで使いやすく

続けられる 温め対策 になるんですよね。


私の場合、ベースは日干し生姜。

干した生姜は乾姜といって漢方薬のひとつです。

ちなみに、

日干しした生姜は、からだの芯が温まる

生の生姜は、手足が温まる といわれます。



というわけで長年、生姜ラバーを自負していましたが、

私以上の生姜ラバーがい

生姜料理のお店をやっていらして、

そのお店が実家の近くだったので

2月に誕生日が固まっている親子3人で

お誕生日会として行ってきました。



同じビルで3軒も生姜料理のお店があって

メニューはそれぞれ特徴があるそうなので

予約の際に、「年寄りを連れて行く」と相談してみたら

薦めていただいたのが 祝茶房 紅拍手 でした。





d0339674_12172625.jpg



定番 HOT生姜レモン 

たっぷりのすりおろし生姜、皮も浮かんでいます。









d0339674_12172612.jpg



鰤の竜田揚げ 








d0339674_12172621.jpg




すべてのお料理のどこかに生姜が使われていました。

生姜の味が前面に出るわけでなく

バランスがとれていて美味しかったです。

もう少し薄味のほうが嬉しいけど

両親は揚げ物などこってりメニューを

喜んで平らげていました(嬉)

父米寿 

母 ー5歳で、共に80越え

ぎりぎり健康です。



祝茶房 紅拍手 in新百合ヶ丘



      
<< 『ゴルゴライン』対策にも! お守りのようなもの >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie