克服できました!

先日 講演させて頂いて

なんだかそれが楽しくて

自分でも驚いています。


じつは講演がとても苦手なんです。

講演という形に向いていないと思うのです。


MCタレントという過去の経歴から

「お手のものでしょ」と言われますが

『しゃべり』という大枠の中に

タイプがあると思うのです。

私が長年やってきた司会やレポーターという仕事には

“相手”がいます。

会話として成り立つ『しゃべり』です。


でも、講演は

1人で2時間くらい、一方的に話す形態で

私にとっては“似て非なるもの”なのです。


だから、とても緊張して

口がカラカラになってshばれなくなった

悲しい経験もあって

その晩は布団かぶって泣きました

もう2度と講演はやらないと・・・


ですが、今回のご依頼は

板橋区の『女性健康支援センター』からで

“お題”は『私流メノポーズとの付き合い方』

これは、エイジングスタイリストとしても

メノポーズナビゲーターとしても

ストライク、ど真ん中で

これから逃げたりら後悔するのは見えています。

腹くくりお受けしました。

パワポなんていじったこともありませんでしたが

講演用スライドも自分で作りました。



そうして迎えた当時。

緊張で足元おぼつかないし

打合せしていても上の空でしたが

お話していたら

なぜだか楽しくなってきちゃいました!

ビックリ!!

参加してくださった方々の

雰囲気がそうさせてくれたのかもしれません。


皆さん熱心なのですが

なんというか、トゲトゲした空気感はなくて

知っておきたいという気持ちが

ストレートに伝わる質問や

調べていらっしゃるなと思うものだったり。

「ウエザさんの髪型が・・・」とか

かわいい(?)質問も飛び出したりして(笑)

助けられました。


時間配分をミスって(プロ失格...涙)

30分延長で質疑応答となってしまいましたが

2時間30分という長丁場で

居眠りする人もなく聞いてくださいました。



知識を持って、更年期への不安が軽くなったら・・・

これをまず第一にお話させて頂きましたが

会場を出る時の皆さんの表情が

明るくなっているような気がしたのは

自画自賛でしょうか…

分からないこと、見えないことには不安を感じますが

更年期も知ってしまえばこわくない!

そう思います。




そして私自身は

苦手だった講演というコトの中に

楽しさ、ワクワク感を見つけられて

ひとつ苦手を克服できて

嬉しい日になりました。


長いひとり言 失礼しました!





d0339674_12173621.jpg




六本木ヒルズのたまごの中から仰ぐ…





今年もあと2週間。

今週も素晴らしい日を!





板橋区の女性の健康支援取組スバラシイ 女性健康セミナー

      
<< それでも… 投票 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie