『食べ方』!


救急外来の翌朝は

いつも行く北里病院の、泌尿器科へ。

ここで2日分の抗生剤が出たので、計3日分ですね。

そして1週間後の再診を予約しました。



若干へたり気味でしたが、銀座へ。

友人由利さんとのランチ

こういう約束はハズしません



あるクリニックで行われる治験のために

”採血”した私たちの足は、自然と…




d0339674_12174529.jpg


しゃぶしゃぶ しかも牛豚肉ダブル



「血をとったから”せい”のつくものをネ」

ってヤツです。

風邪ひいた時も「せいのつくものを食べなくちゃ」とか

今でもよく使いますよね!?



ちょっとマジメな話になりますが、いつも思っていることがあります。



若い人を中心に『栄養失調』状態の人が多い

という話を、聞いたことがありますか?

日々食べ物が、ゴミとしてムダに捨てられる

飽食の国ニッポンで、栄養失調。


食べ物がないから栄養失調ということではもちろんなく、

”足りない栄養素”と”摂りすぎの栄養素”があって

そのバランスが悪く偏って起きる栄養失調状態

というものです。



摂り過ぎの栄養素として、”糖分”があります。

私たち日本人の主食、ご飯には糖分が含まれていて

白米をフツウに食べていれば糖分は摂れるはずですが

甘いお菓子を合間にぱくぱく食べる、

これが日常的な人は、当然糖分の摂りすぎに傾きます。


現代人に糖分過多は起きやすい状態、と言えるのではないかと

若い人たちのコンビニ活用頻度や

菓子パンを食べる様子は気にかかっていました。

”脂質”も、摂り過ぎ傾向です。



足りていない栄養素には”タンパク質”があります。

お肉やお魚 卵から動物性、

豆腐や納豆など大豆製品から植物性たんぱく質から摂れますが、

私たち人間の体を作る主たる成分。

欠かせない栄養素ですが

これを避ければ痩せられるなど一昔前のダイエット文句から

今も勘違いを続けている女性もいるようですし、

私も長年続けていた

マクロビオティックの食べ方では

動物性たんぱく質は避ける食材になっています。



ですが、栄養面から考えると

週に3回は食べたい、

動物性植物性合わせて”しっかり”食べたい

特に若い人は毎日でもいいと思います。

ざっくりと書いてしまいましたが

三大栄養素で摂取必須です。



コンビニなどで買った袋菓子で

”とりあえず空腹を満たす”という食べ方で

体の維持に必要な栄養素はまったく入ってきません

というより

百害あって一利なし

食べることに無頓着過ぎます。

食べ方はダイジです



「買い食いは止めなさい。」

「ご飯の前にお菓子を食べてはいけません。」

「せいをつけよう。」


小難しい栄養素の話なんて知らない昔から

こういう日常的な言葉で

祖母から母へ、娘へ、言い伝えられてきたこと、

それが

『健康に生きるための知恵』

だと思うのです。





d0339674_12174563.jpg


      
<< ヨワイなぁ。 失敗….. >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie