夏の外出3種の神器


さらに亜熱帯化するニッポン 暑いですね~

外出時に忘れてならないマイ必須アイテムは



d0339674_12175965.jpg



この3つです




言わずもがなのお扇子





それに

保冷剤と、それを包む薄手のハンカチセットは必携です



d0339674_12175985.jpg






ハンカチは”薄手”がポイントです

炎天下では、厚めの生地では冷たく感じないので

意味ナ~シ




ハンカチの”どの位置”に保冷剤を入れるか

工夫したいところです



折りたたんだハンカチには何層も、

保冷剤を挟むポケットができますから

どのくらい冷たさが欲しいかで

挟む位置を変えるのです




たとえば

この麻のハンカチには”R”の刺繍があります。

刺繍のある面を人様に向けて使いますから、

こちらを”表”とします。



d0339674_12175922.jpg




”表”から1枚目と2枚目の間に挟むと…

保冷材はお肌から1番遠い、ことになります。

保冷剤は長持ちしますが、

炎天下を歩く場合は、冷え感はいまいち…






裏面から1枚目下に挟むと...



d0339674_12175902.jpg




お肌に1番近いので チメタ~イ効果は抜群です。

そのかわり、保冷剤は溶けやすい。

とくに炎天下ではあっという間です...



こんな風に

挟む位置で、外気温と冷え感レベルを調節していますが

この書き方でわかりますかネ……?


実際にハンカチを使って試して頂くと

な~んだそーゆーことね

と分かっていただけるかと思います。





ハンカチで包んだ保冷剤は

わきの下に挟むとか、

首筋や、首の後ろにあてながら歩く

汗をおさえるフリして顔を冷やすなどします。


こんなちっちゃな保冷剤でも

太い血管が通るところを冷やすことで

ほてりを覚ます効果は、意外にあるんです

まぁ

往きの1回きりですけど





そして

ボディーシートです。


d0339674_12175977.jpg





汗かいちゃったな~と思ったら

ふき取ってさっぱり

森林浴の香りで気分シャッキリ

アユーラ ウェルフィット






私の場合は、顔に汗をかきにくい分、

体内に熱がこもるせいで

顔がゆでダコみたいに赤くなってしまいます


1:早めに出て

2:保冷剤で冷やしながら

3:ゆっくり歩いて

4:駅などに着いたら=立ち止まったら、お扇子併用。


急ぐのは、ご法度


これを心がけると

すこし紅潮してる?くらいの顔色で済むのです


よければご参考まで…





<< こだわりの冷凍フレッシュジュース 真夏日だったから >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie