下着で美肌をつくるコツのつづき


ショーツも、考え方は同じです


主流は、数枚の生地を縫い合わせて

ウエストと足回りにゴムを入れてつくられているので

チェックしてほしいポイントは

ゴム

縫い目

そしてクロッチ、この3点。


先ず、ゴム。

飾りゴムを使っているものがほとんどだと思います。

ショーツの裏側=肌に触れる面を見ると、

ウエストや足ぐり(足の付け根にくるところ)に

細くてレースのようなものが、ぐるりと見えますよね?

それが、ゴムです

冬も夏も、お肌を傷める元なので

できれば、生地でくるんであるもの=ゴムが見えないものを選んでください。




d0339674_12183716.jpg



これは私が作っていたショーツですが、ゴムは見えません。

だから表と裏がない、リバーシブル状態ですが;

このような仕様(作り方)だと、肌に負担になりにくいです。


ゴムは、肌に対してトラブルの元以外の何物でもありませんが

下着作りには必要なので

美肌を守るためには自衛です



お風呂に入るとき

脚の付け根のお肌をチェックしてみてください。

うっすら茶色の線がついていませんか?

もしあったら、それはいわゆるお肌の黒ずみです。


下着で黒ずみをつくらない、色を薄くする術、あります

カンタン

型違いのショーツを3~4つ持って毎日履き分ける

これだけ

できてしまったものはこれ以上刺激を与えないで、保湿です



ウエスト位置も変えて3タイプ作っていました。



d0339674_12183724.jpg





ジーンズ党、ピッタリパンツ党の方は、座った時に

下着+アウターと、ダブルで影響を受けやすいので

自宅では解放してあげてください。

セクシスィ~なTバック

足ぐりに摩擦も圧迫もないのでヘルスィ~なショーツだったりします。




最後に クロッチ。

股の部分ですね。

この部分に十文字に縫い目があるものは論外

即、捨てましょう。

理由は…わかりますよね?

クロッチの幅は、履き心地には重要ポイントです



足ぐりもウエストも皮膚が柔らかくて

年齢を経るごとに、色素沈着しやすく、

ターンオーバーが遅くなるので、跡は取れにくくなりますから、

アラフォーからは作らないが鉄則 

予防です

それには、シメる下着とゆるめる下着の使い分けが

たぶん1番手軽な方法ではないかなと思います


つづく・・・



ウエザ流 着方 食べ方 暮らし方 ☆ 慈しみを着る


<< 下着で美肌を作るコツのしめ 下着で美肌をつくるコツ >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie