OKとNGのシワ


シワにも種類があるんじゃない?と思うこの頃。


「シワなんてそれもこれもありえない!」

美から見たら悪!という方も中にはいるかもしれないけれど

皮膚構造上、まあ誰にもお出ましになるという前提で、

許せるシワ NGのシワ

2つあると思っています。


ゼッタイNG!なのは“眉間”のシワ

イジワルな人とか、人を批判する人、エラソウな人…

申し訳ないけどそんなふうに見えちゃう。



だって友達や家族の顔を思いうかべてみて~

笑っている顔はタテにもヨコにも”開いて”ますよね

けっして中央に寄ってません



眉間にシワをつくらないよい方法は

日ごろから、若いうちから、眉根をよせない努力

それにはハッピーであたたかい心根かな~




さて、許せるシワ。

時々キレイだな~と思うシワに出会います

それは目尻


素直に笑える女性

微笑を絶やさない強い女性

もしかしたら、辛苦楽を微笑みと共に乗り切ってきた証かも。

笑顔や笑みの刻印と考えたら

素敵ジワの代表ですよね



思いっきり笑う女

おおらかに微笑んでいる女

どちらもほんとにステキです



今は化粧品も美容技術も進んで『やりくり』できる世の中ですが

シワは『年輪』とも表現されるように

その人の人生がなんとなく透けて見えてしまうフシギでこわい存在。

人が見て、『その人が過ごしてきた時間』と見える顔であったら、

それはもうシワとはいえない存在なのかもネ





<< スーパー高級クリーム 訳あってエイジング化粧品 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie