植物の力


香りの続き.....


日曜日に補完代替医療のアンチエイジングの勉強会にいったのですが

その中で、精油の成分の血中濃度について

あるお医者さんから興味深いお話が・・・

[正式なエビデンスはない]とのことですが

1 精油を枕に4滴たらす

2 熱湯が入った洗面器に精油をたらしてバスタオルをかぶる

3 キャリアオイルに混ぜてマッサージをする


さて、ここで問題!

血液に入りやすく安定して留まる方法は

この中のどれでしょうか~?


そのお医者さん発表のグラフによると

血液中の精油の濃度が

ゆっくり上がりゆっくり下がる=滞留時間が長いのは

植物のダイレクトな香りが鼻から入る[1]でした。


マッサージが1番効率的?との私の予想はハズレ。

このクリニックで行なった少人数のテスト結果で正式ではないとのことですが、

芳香欲が効く、を目の当たりにした思いでした。


植物のチカラ

おそるべし。



あの時青山で、花の香りにつられた私たちは

無意識に癒しを求めていたのですね~

みなさん

自然の植物の香りにはおおいに吸い寄せられちゃいましょうね~

10分の道草でココロキレイになれるかもしれません





d0339674_12193919.jpg







<< 知っておいてほしい乳がんのこと 香りに誘われて >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie