メノポーズナビゲーターとして


今日10月18日は世界メノポーズデーです。



d0339674_12194194.jpg




メノポーズのポスターは池田理代子さんが描いています。




私がメノポーズに興味を持ったのは

ある雑誌の取材のおかげでした。


この春までやっていた『Re:essence』というブランドのお客様で

美容ジャーナリストの方が

「メノポーズにもいい。」と紹介してくださって

取材にこられたのが『GRACE』(世界文化社)というファッション誌でした。

残念ながら廃刊になってしまいましたが・・・



その編集者さんとホリスティックビューティー観で盛り上がって

すっかり意気投合

これがきっかけで

『もしかして更年期?』というページのレポーターをすることになりました。



更年期時期に起きるちょっとした不調はどうすればいいのか?

その対処法を、毎月いろいろな科のお医者様に取材するのです。

楽しかった!

ステキなお医者さんも何人もいたしウフフ



先生方のお話を伺っていると毎回

「それ、ある!」があって

まさに『もしかして更年期?』状態!

そしてそれで私はとても楽になれました。



その頃、メソメソしたりイライラしたり

だるくてやる気が出ないなどがちょいちょいありましたが

100%、不慣れな仕事からくるストレスだと思っていたのです。

それだと逃げ場がないのね~

でも、メノポのせいと考えたら自分を開放できちゃったのです。 


たまにはしてもいいと思う、

明るく「だってメノポなんだもーん!」って。

妻も、母も、働く女性も、

女はみ~んながんばっているじゃあありませんか!?



大好きなイタリアには

「あんなふうに歳とりたい!」と思わせてくれる

ステキな女性がたっくさんいます。


そういう人たちを見ているからか、性格か、

昔から年齢をネガティブに捉えていなくて

加齢への抵抗もあまりありません。


ただ、オトナの女の年齢には生き方が透けて見える

近頃本気で感じる怖さです。

たとえば急場の物言いや行いに大人度が露呈するとか・・・

腹をくくらないと!

『今日この1日が5年後の自分のため』


そういう私の考え、趣味は横において…^^

メノポーズを知って上手に付き合う知恵を身につけることは

ほんとうにダイジなことだと思います。

女性なら避けて通れない人生の通過点ですし

これからが女の人生長いのですから。

大人の女性のヘルスビューティーをバックアップしてきたいと思います。





<< ミナペルホネン展 秋とねこは似合う >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie