脚の痛みにプラセンタ注射

穏やかにさわやかに、5連休が終わりましたね~

今朝、フランス大使館前には

大統領選の投票のためにフランス人が列をなしていました。




さて、『プラセンタ』です!



私は、整形外科の症状の痛み緩和で使っています。


いきなり骨の写真で恐縮です!

サイズ、小さくしてますので(笑)






d0339674_16350897.png



右腰の写真で


外側の足の付け根に痛みの原因があります。


『石灰沈着性腱炎』


石灰化したものが神経を刺激して痛みが出るらしいです。


治療法なし、薬もなく、痛み止め服用くらい。


患部をなるべく使わない。


(歩くな動くなってこと?)


若いイケメンの整形外科医は


「痛みが自然に消えるまで待つしか…」


「年齢的なもの」


と、視線はずしつつ言いました() 


はい、老化現象の一つですね(^^;;



ただ、年齢にプラスしての原因があったようです。


数ヶ月間、酷使しました。




高齢化と介護の話って、


テレビ新聞で見聞きすることがあると思いますが


私の周りでは年齢的によく聞く話です。


この、誰にも起こりうる事態の”いろいろ”に、


“腱炎”を起こした引き金があったのです。



私たちメノポーズカウンセラーが伝えることの1つ


『女性のライフサイクル』に


ま〜!ピタッと付合する体験なので


かなりプライベートな内容も含まれますが


『反面教師』になればと残したいと思います。


最近は『しくじり』 とかいうんですよね⁉️(//∇//)




この腰のレントゲンを撮った日は


母が亡くなった日になりました。



母の入院先に通いだして痛みが出ましたが、


何も手を打たずそのまま通い続け


あともうひと踏ん張り!という時になって


ようやく近くの大学病院に行きました。


でもそこに病院から緊急連絡が入って駆けつけ、


看取ることとなりました。



この”看取る”が私にはポイントで。


「1人では逝かせない」


ここを目指して突っ走りました。





母は201511月終わりに


自宅でよろけて尻もちをつき救急搬送され、


高齢女性にとっても多い『大腿骨骨折』で


外科手術を受けることになりました。



その手術は成功したのですが、


もろもろの検査の結果、なんと!


「嚥下は100%不可能」との診断が・・・・・

もう口からは食べられない


胃ろうやIVHで栄養を入れなければ命は長くない、


という意味です。




まいりました。


母はかねてから正式な文章で


『延命措置拒否』の意思を明確にしていた人です。


意思に従うなら、母の命の期限はすぐそこ!


突然、そういう事態に追い込まれました。


目の前のベッドの上で母は

にこにこ笑っているというのに……



これを決行するのは、私。


母と暗黙の了解になっていたので


高齢の父に代わって母の最期について


病院やケースワーカーさんと話しました。



心を決め、覚悟。したのに、

母が局面を迎えるたび、

「いいんですよね?」と確認されると、

いいのだろうか…

今やめれば………

迷いと罪の意識が生まれました。



母には時間がなかったので、次々に


究極の選択というボールが飛んできます。


狼狽しながら答えを探る、を繰り返すうちに


使命感のような気持ちが生まれ


どんどんどんどんふくらんで


母を独りではぜったい逝かせない!」


この想いは決意のようになって


毎日病院に通う原動力になりました。



お見舞いといっても1時間くらいなのです。


顔を見せて、顔を見て


呼吸や血の巡りに心ばかりのアロママッサージをして…


24時間のうちの、たった1時間。


最期に立ちあえる確率なんてゼロに等しいのですけど…



介護もそう言いますが


始めると、やめられない。


がんばりスイッチを押してしまった私は


電車とバスを乗り継いで 往復3時間

1ヶ月半、毎日通い

ベッドの柵の上から体をよじってのマッサージ。



こういう外的な負荷で腱炎を起こし


痛みは日増しに強くなりました。


ちなみに母は整形外科病棟に入院していて、


担当医師は整形外科医で、


1階に降りれば外来もあるのに(笑)




葬儀が終わっても、


実家には90を超えた父が独りで暮らしていたので


病院と同じ距離を通うことになりました。



半年後、父が入所先に越し


ようやく実家の片づけが終わると


痛くて、家の中ですら動けなくなりました。


生活、仕事、問題はとても大きかったです。






こちらを見てください。




講演などでよく使うスライドで、





d0339674_20113912.jpg



女性の人生と受けやすいストレスを表しています。



更年期は、子育てと親の介護が重なったり、


入れ替わるように始まることが多いのです。



職場では、ベテランで責任ある立場という人も多い”年代”。


調子が悪くて、気力が出なくても


容赦ない現実が押し寄せる”年代”。


そして、“まだ”ムリができてしまう


“まだ”気力で頑張れてしまう、


良くも悪くも、”中途半端な”年代です。


日本女性の更年期は、大変なのです。



実際私も、更年期が終わりかかっていて良かった〜


HRTの治療をしていてよかった‼︎


母の看取りが始まって、心底そう思いました!


それでも、体と生活への物理的な負担は


想像以上に大きかったです。



それまで2人で暮らせていた親も


超高齢になればそれまでどおりとはいきません。


女性の人生の大変換期と言われる更年期と重なって


10年以上 なかなかキツイ時を過ごし、


環境作りの重要性が身にしみました。



私が頼れるのはケアマネさんだけでしたが


兄弟姉妹、身近に頼める人がいれば、


分担、分散させることです。


そして、1人で抱え込まないためには


親の現状を少しでも話しておく、といった


実動の前の段階でも、できることはあります。


準備、根回し、大事です。




親のことって「まだ大丈夫」と思いがちなのですが、


伸ばし伸ばしにしない方が、いいです!


親が1つ歳をとる、それだけで


大したことなかったことが大変になり、


高齢になるほど、その数と重さが増すからです。


これは、1+1では進みません。



また、働いているいないにかかわらず


家庭のことが女性にかかってきやすい現実が


まだまだ多いでしょう。


さらに、日ごろ親の世話をしてきた人の負担が、


自動的に、大きくなりがちです。



そのような体験をしてきてつくづく


安定継続して親の面倒をみるためには


準備がとても重要だと思っています。





回り道を読んでいただいてありがとうございます。


私的すぎる部分は、


消すか書き直すかするかもしれません(๑>◡<๑)





メインラインに戻りますと‼︎


家庭の事情で発症して、こじらせ、


我に返れば、日常生活にも困る状態で


不安がつのっていた時に


あるお医者さんがプラセンタはいいと思うよ。」と言って


料を送ってくださいました(感謝)


そこには、関節痛にもいいとありました。



資料というその方の気持ちを受け取っていなければ、


私は、プラセンタ治療を選択しなかったかもしれません。


プラセンタ注射に抵抗があったからです。




これが去年、2016年10月のことで、


痛みが出てから1年ほどが過ぎていました。





治療を始めて痛みはどうなったか?


痛みとプラセンタを天秤にかけた理由などは


次のブログで書きたいと思います。


長くなりました…m(__)m


今日はここまでで。





明日から、会社、学校ですね!


“休みボケ”なんて言われないように(°▽°)


お互い気張って、起きましょうね~(笑)






*~*:..:*~*:..:*~*:..:*~*:..:*~*:...*~*:..:*~*

著書『~更年期をハッピーに生きる~ 幸年期メソッド』 

本屋さんで買いにくければ こちら から 178.png




トラックバックURL : http://uezarie.exblog.jp/tb/24156073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 続 脚の痛みにプラセンタ注射  2度目の言いわけとにゃん2 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie