続 脚の痛みにプラセンタ注射 

エイヤッ!!の心持ちで


1本目をアップしても迷いが は残っていましたが、


敬愛する産婦人科の先生が褒めてくださって(感激)


「続編待ってます!」の言葉にチカラを借りての


2本目です(笑)




ここでは、プラセンタ注射で症状は変わったか?


私のケースと


プラセンタ注射について書いてみます。






治療を始めたのは昨年、2016年11月初めでしたが


まずは、その頃の状態から!




母の病院通いの後、すぐ葬儀の打ち合わせ、


葬儀が無事に済むと、実家の片づけと、


休ませることなく使い続けていたせいで、


かなりこじらせていたようです。




寝ても覚めても、痛い。


外に出られない日が長く続いて焦りも出て、


心身ともに疲弊して悲惨でした。


今だから言える件()





外出した場合、


患部は熱くなるような、ジーンとしびれるような痛みで。


ピンポイントなので『腱炎』の場所が分かります、


レントゲン写真より(笑)


無意識に患部をかばうからか、


脚の付け根の前側、


両膝


脚の後ろ側 内側


脚全体。あちこち、いろいろ痛くなります。


これがホントにつらい!




1年の間に筋力が落ち。不安定で。


一歩出すたびに体が左右に揺れ、


両膝は円を描くようにグラグラするのがわかります。


階段は登れません。


ちょっとした段差はとくにつまづきやすい。


急に立ち止まる 急に左右に脚を出すと、激痛が!


人ごみは避けています。


スマホ歩き ホントやめて!痛いから!()


おじいさんおばあさん、突然立ち止まるの勘弁して~()





歩いた後がまたたいへんで。


形状記憶のようにカタマった腰は


靴を脱ごうにも曲がらない。


付け根の前側と両膝まわりは熱も持つので


アイシングしたり、湿布したり。


脚の後ろ側と内側は筋肉痛なのでマッサージ。


正直なところ、超高齢のおばあさんのよう。



治療スタート時は、こんな状態でした。







d0339674_01101260.jpg






そして、昨年11月4日、


1週間に1本のペースで注射開始!






3本打ち終わって、


とくに変化を感じられず…


クリニックで「どうですか?」と聞かれても


返答に困りました。


前のめりだったので、少しショック…







5本くらい終わった頃、


『あれ???!」と・・・。


歩いている時の痛み、歩いた後の痛みや熱が


なんか、軽くなっている???💛



暗闇から明るいほうへ顔を向けた感じ(*'▽'*)








5本から10本の間になると


買い物に行かなくちゃ!


ふと思った自分にびっくりしたり❣️


これは進歩なのですよね〜


帰宅後もまあまあ動けるようになっており…






今年1月の終わりが、11本目で


改善している実感はあったので


10日に1本に減らして様子を見ることにしました。


7~8日もすると痛みが戻ってきて、


少し早かったかな〜とも思いましたが、


歩いた後に熱を持つことも


脚全体の痛みも、きしむ感覚も


それまでとは雲泥の差❣️


この頃になると、外出できる


と思えるようになりました❣️(嬉)




5月の現在もこのペースで打っていて、


ゆっくりたしかに改善している感覚があります。




そしてこのGWに、


一駅歩いて食事に出かけました。


イケそうな気がするぅ~~と帰りも歩いてみたら、


なんと!歩けたのです❣️


往復は初めて!!「


iPhoneの万歩計では、約9000歩(💛)


快挙です‼️



患部が熱くなる感覚は出ましたが


帰宅後も翌日も、悪化することはなかったのです。



プラセンタの注射を始めて、半年。


GW前で、20本目でした。





こうなると欲が出て❗️


まず、大好きな散歩ができるようになりたい❣️


次に、軽めのウォーキングと、


腹筋や腕立て伏せ程度の筋トレがしたいです!


適度な運動必須の世代ゆえ、


ロコモ、フレイル、本気で心配です…






ということで 、私の場合、現段階では、


脚の【石灰沈着性腱炎】の痛み緩和という目的に


プラセンタ注射は結果をもたらしてくれていま❗️




これを書いている今、患部がキリキリします。


石灰化が小さくなった感覚は、ありません。


このまま注射を続けて


日常生活をスムースに送れるようになったら、


またレントゲンを撮って


石灰化の状態を確認しようと思います。


患部の状態が変わらずに痛みがなくなっていたなら、


それは間違いなくプラセンタ注射の効果ですよね。



ということで、実験は続きます(*^▽^*)









d0339674_01103504.png









プラセンタの注射は


打つ前に、血圧を測ります。


筋肉注射なので少し痛くて、小さな青タンができます。


私は患部に近い右側のお尻に打ちますが、


いまのところ青タン以外の問題はありません。


5分程度、あっという間に終わります。


人前でお尻を出すのも慣れましたし()










d0339674_17363052.jpg


【メルスモン】 1本2ml




プラセンタ注射は、更年期障害の治療にも使われています。


この場合、保険が適用されます。


更年期の治療には【メルスモン】が使われ、


保険適用は、1アンプル(2ml)まで。


2本を超える場合は、自由診療になります。



【ラエンネック】という薬もあるそうですが、


肝機能障害の治療では保険適用で、


更年期治療では保険は適用されません。


【ラエンネック】を更年期治療に使いたい場合は


自由診療ということになります。




ちなみに私は、更年期の治療に通っている


婦人科で行っています。


保険適用で3割負担ですので、


プラセンタ注射 1回=1アンプル500円です。




プラセンタの話はもう1回で終わる予定で、


次は、どのようなケースに使われているか?と、


ヒト胎盤由来のプラセンタ製剤の問題についても


触れておきたいと思います。





最後に。

症状の推移は私個人のものです。


どのような治療でも個人差があることを


ご承知おきくださいね。









*~*:..:*~*:..:*~*:..:*~*:..:*~*:...*~*:..:*~*

著書『~更年期をハッピーに生きる~ 幸年期メソッド』 

本屋さんで買いにくければ こちら から 178.png




トラックバックURL : http://uezarie.exblog.jp/tb/24162193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 続続 脚の痛みにプラセンタ注射 脚の痛みにプラセンタ注射 >>

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie