<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

これいいね~


青山骨董通りのSHOPのウィンドウ





d0339674_12191253.jpg





もしまた下着を作る機会に恵まれたら


こういうの、考えた~い作りた~い








久々に登場


春  ぽかぽか~~




だらだら ごろ~~ん





d0339674_12191245.jpg









空気がゆるむと 


ぼくもゆるむ~






d0339674_12191278.jpg








あんたたちは~~~






朝食 at CAFE

あるカフェがず~っと気になってました

外から見る景色はけっこうイタリアで、

「軽い食べ物も美味しいよ!」とのこと。

そこで推薦者、美形S川女子と待ち合わせ


が、しかし、まさか、


「では朝食を!」となるとは(笑)


土曜 朝9時

私にはじゅ~ぶん早朝です(≧∀≦)



ゆえにコーヒーが、たまらません♡



d0339674_12191279.jpg





パニーニとかも ほんとだ!イケます♡



週末、朝食会をしたくなりました!


さっと集まって ぱっと解散



だって


駅の改札口の前なんだも~ん わら


ANTICO CAFEE AL AVIS




女子会


予約取りにくい店に予約が取れた~

ということでいざ!




d0339674_12191268.jpg



トラットリア シチリアーナ ドンチッチョ







d0339674_12191319.jpg



燻製カジキマグロのマリネ

口に入れた瞬間の甘みを感じる香しさったら!







d0339674_12191342.jpg



クリ?ミーというかねっとり食感

ホロホロ鶏好きです~ウズラも好き~







d0339674_12191359.jpg
 


名物 鰯とういきょうのカサレッチ 最高  

シェアーしたのはスカンピのパスタ  これも絶妙でした




パスタもうあと1皿 食べた~い!


と騒いでいると





d0339674_12191340.jpg





松阪…豚! ほんのり甘いマルサラソース!




一気に満腹なり~~



「ね、りえさん、パスタ追加しなくてよかったでしょ!」



d0339674_12191322.jpg




と、つねに冷静なS藤さんです

下着ブランドでお世話になってました。昇進おめでと




今宵も、美味しゅう楽しゅうございました





プロフィール写真


いまの写真はたしか.....2006年撮影


サギじゃね?!




ってことで撮りました。






d0339674_12191313.jpg



キャッ






福家ちゃんがやってきます



ちっちゃな体に


地面にめり込みそうな重たい機材をかかえて…







d0339674_12191314.jpg







インナーブランドのHPの写真もブログも



写真といえば福家ちゃんなのです





もりあげ隊


テーブルに出しただけで会話が生まれる


ありがたい野菜




d0339674_12191303.jpg





ロマネスコ


タイムとベイリーフを入れて密封して蒸すと

ほのかな香りが

ブロッコリー にはことに喜ばれますよ。



美味しいオリーブオイルと塩だけでなので

ちょっと人が来るときの【もう1品】にどうぞ~





花びらが欠けても


友人がくれた大輪のオレンジのガーベラ


元気がでる色

もうちょっとがんばって~~



d0339674_12191350.jpg







花びんにしているのは

牛乳パックの形をしたミルクピッチャー


よくできていて すっごくカワイイ

ドイツ在住のお友だちがくれました。





レザーパンツの女医


長身でロングのストレートヘアーにレザーパンツはいて


オールブラックで登場すると


「ほんとに医者かいな~」と



広告代理店とか制作会社とかいそうな…


たしかに医者になる前は


CM制作会社でバイトしていて


一念発起して勉強して試験を受け


32歳で医者になったという経歴の


異色の医者



婦人科医 吉野一枝先生です。




d0339674_12191389.jpg




見るからに女性の味方という雰囲気で



実は人見知りで内心オドオドしている私でも


吉野先生は相対してもふしぎとそわそわしない^^



おおらかで優しいからか


臨床心理士でもあるからなのか…


居やすくて話やすい女医さんです❣️




よしの女性診療所




ナイショにしたい


週代わりのエスニックランチがとっても安くて




d0339674_12191511.jpg




なんたってこのテラス

ここでランチとかお茶するのが




ジモティーもこの道を通る人くらいしか知らないんじゃないかな。

でもって、あまり知られたくないんだなあ

カフェフロンティア 

あっ書いちゃった・・・






d0339674_12191580.jpg




国立新美術館帰りのTHEビューティサイエンティスト岡部氏と

はしゃぐ.....




生きてきた道が見える


昨夜の東京、あっという間に積もりましたね


急に気温が下がって雨から雪へ

ずんずん積もって

ドラマチックな夜でした




d0339674_12191500.jpg




雪 です~





昨日は山梨にいっていました。

父の兄弟の長男のお嫁さんのお葬式。

98でしたから、人生ほぼ1世紀です


参列者がとっても多くて 住職さんもビックリ。

でも、会社のお偉いさんだったとか

なにか役職があったとか

村の著名人、とか

そういうことではありません。

子供を育て上げ、だんなさんを見送り

長男一家と暮らしながら少し残した畑をやっていた

そういう女性。




「お世話になった」

「面倒を見てもらった」

「アレほど世話になって今日来なかったらバチがあたる」


そんな声が聞こえてきました。



ご挨拶には

慈愛の人という言葉も・・・




自分より 人。




昔の、田舎の、まして長男の嫁なんて

苦労だらけだったと思いますが

どんなときも情が厚い人だったのですね

「いつもくるくると動いていて座っている姿をみたことがなかった。」

と母はいっていました。



わけ隔てなく人に気持ちをかけてきた人生が

東京からも人がたくさん集まる告別式になったのでしょう。




「昨年4月に倒れた日は遅い雪が降っていた。

旅立った11日も雪だった。

雪はすべてを覆い隠してキレイにみえるけれど

時にこわいものにもなり

積もった雪の下で育まれているものがたくさんある。

あなたは雪のような人でしたね。」


長男の送る言葉はぐっときました。





どう生きるか


そんなことを考えさせられた1日でした。






宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie