<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅干しとかレモンとか!


6月から猛暑の節電の夏を元気に=きれいに乗り切る


知ってますか?

梅干しとか

朝食べれば、1日中元気の源で

夜食べれば、寝ている間に疲れを取ってくれる

乱れがちな夏の体調を支えてくれる心強い味方なのです

その元は、クエン酸。

梅干しとかレモンの酸っぱい成分ですが

このクエン酸を摂っていると

エネルギー源が、体の中で効率よく巡り働いてくれる。

食べていないと

疲れやすく疲れが抜けにくく、脂肪もたまりやすい悪循環…


手軽で、こんな”デキルヤツ”を

怠けてきれい生活を信条とする私が放っておくわけありません



私はお味噌汁の中に梅干を入れるのが大好きです

どんな具ともけっこう合うんですよ、想像より^^

夏はみょうがのお味噌汁なんていいですね


例年なら火を通して食べる夏野菜も、

体の熱を取ってくれるので、サラダで。
(冷房を使わないようにしている方には)

その時には、お酢や をたっぷり絞ります。

最近のはまりもの、バナナやキウィのスムージにも、キュッ。


昔のアメリカ映画なんかでは

お水にレモンを絞ったレモネードがはいった大きなピッチャーを見かけます。

夏を元気に過ごすアメリカ人の昔ながらの知恵なんでしょうね

日本人にとっての梅干しと同じように。



食用の『クエン酸』も売っています。

顆粒状というのかな。

醸造酢では物足りないなというときにクエン酸をふりかけると

シャキーンッと酸っぱいドレッシングになります。


食べる以外にクエン酸は

お風呂上りとか、お洗濯の仕上げにとか

お部屋やネコのトイレの消臭になりますし

まな板の殺菌とか、シンクの艶出しとか、とかとか。

使い道豊富

重曹と一緒で、一家に1つお奨めしたい便利グッズなのです。


ナチュラルクリーニング歴 長いのです。

アレルギーがある人ならみんなやっていることですけどね




d0339674_12185761.jpg


有栖川公園にて





しゃれっ気!


洒落者だと思う



d0339674_12185802.jpg



乃木坂の路地裏にて






体のなかの熱を出す


この数日の猛暑は命の危険を感じましたよ


6月なのに

扇風機届いていないから空気をかき混ぜるファンを全開窓全開

だけど南の風は温かい~

メノポ真っ只中の私は手足がかっかと熱くて寝つけず

体調絶不調です



「サラダやフルーツの食べ過ぎに気をつけて~」

「温かいものを飲んで~」

と、例年なら叫でいる時期ですが

今年は体の中の熱を出すことを考えたほうが良いかも。

夏に採れる野菜や南国生まれのフルーツは

体温を下げる=体の中の熱を出す効果があるという話は

最近よく目にしますよね。



冷房地獄のない今年の夏は

昔ながらの知恵が生きます 生かしましょ


心がけてイソフラボン生活派の私のお気に入りは


d0339674_12185827.jpg



バナナ&豆乳&きな粉、氷を数粒入れて ミキサーでガーーー

トロ~リ冷たくて、きな粉の後味が香ばしく

腹持ちもヨロシ。

暑い暑いとアイスを食べすぎるよりダイエット


ここ! 参考になりますよ


風流にすごそう!


この夏も暑そうだし 節電だし


本音を言えば、のらりくらりでコロコロ変わる東電にはうんざりで

人に要求する前にわが振りをなんとかせい と思う。

でも、節電は必須。


先日やっと!扇風機を買いました。

ここ数年 毎年、買おうと思いつつ気づくと完売(涙)

今年こそ!と冬から決めていたので5月初めには下見 

コレと決めたのに、買いに行くのが遅かった~完売again・・・・・・・・・・

他のを買ったけど、ナント7月17日着だそう

今年はやっぱりすごいです。



節電 避けられないなら

うちわ 打ち水  風鈴  夕涼み お月見

体が冷えるといつもは避けてる冷たい麦茶に に

そして静かに線香花火


暑さと暗さを逆手にとって

今年は、ノスタルジックな日本の夏 でいってみよ~ではありませんんか



東京 夏のよう

夏至の今宵、こんな催しがあるんですって

六本木ヒルズで星空を見る天文イベント



d0339674_12185808.jpg


(六本木新聞掲載写真)



今夏はきっと 夜空が映えますね





漢方薬はビスポーク


すこしビビりつつ煎じるタイプの漢方薬をお試ししてます。


「不味かったら飲み続けられないかも・・・」

「煎じていると家じゅうが漢方薬のニホイになるのってSさん言ってたな」…




d0339674_12185859.jpg






漢方薬の入った袋を入れて約10分
取り出してさらに20分。

500mlのお湯が3分の1の量になるまで煮詰めて 

食前か食間に、1日3回飲みます。



d0339674_12185805.jpg





味はですね~なんと!甘い❗️

しっかり甘みを感じる味?

甘草が甘いのかな。

甘味って最初に感じる味覚だったような…

そのあとに、苦みなど薬っぽい味が浮上してくるものの
毎日飲むのに苦痛なし。


煎じているときのニホイもぜんぜんヘイキ。

気温があるこの時期でも気にならない
そんな程度でした。

もちろん花の香りのように芳しい
というわけにはいきませんけど(笑)


人によって調合が違うし
同じ薬草が入っていても分量が違えば
味もにおいもそれぞれ。

漢方薬って、ビスポークのお仕立てのお洋服みたい

私だけの…という。

まずはこのあたりに励まされ、
癒される感じがするのは私だけかしら❣️


そのワタシ用は…

『柴胡桂枝乾姜湯』という名前で7種類入ってます。



d0339674_12185876.jpg





煮出した後の袋を開けてみたらこんなだった。



d0339674_12185815.jpg






アラフォー後半から体力が落ちたと感じる人が多いようですが

そう感じた時にはちょっと立ち止まって、

自分をメンテナンスする意識を持つ、いいチャンス

体力や体調のボトムアップ、底上げを図る算段をしておくと

のちのち、よいですよo(^▽^)o






やっぱり雨が似合う


イタリアのComoの友人の家に泊まった時のこと....


庭に紫陽花が

大きな株で、ピンクの花。

あるんですね~イタリアにも紫陽花。

しかも真夏なのに、まだ花をつけているのです。


カラッと乾いたイタリアの太陽の下で、紫陽花はなんかつらそうに見えました。


紫陽花には雨が似合う・・・

せめて、曇り空。




d0339674_12185950.jpg




今年も、重たそうな顔を柵の外に出してます~



蒼い紫陽花が好き。






ぶた好きです♪


みてみて~1秒即決知人もおどろく速攻買いっ


表情もいい~


d0339674_12185946.jpg









まるまるふくふくしたお尻も、かわいらしい~


d0339674_12185964.jpg








こっちおいでと言いたくなるぅ~


d0339674_12185943.jpg








ぶぅは、エンジェルなのだっ


d0339674_12185949.jpg







ハッピーを運んできてくれるかな?





漢方ブティック


『KAGAE』 丸の内の仲通りに面したすごくオシャレな漢方薬局


もちろん問診して本格的に漢方薬を調合してくれますが

なんとこの風情です


d0339674_12185988.jpg


突き当りが漢方薬を調合する部屋




なんか動物の角とか、よくわからない黒い塊がぶら下がっていたり

呼吸するだけで効きそうな香り充満!

みたいな 重々しい雰囲気ではなくて、
(それはそれで私は好きですが)

明るく開放的なSHOPです。



漢方薬のほかに

お茶 ドリンク スキンケア製品 パフュームまでそろっていて

漢方、東洋医学の健康と美の考えを盛り込んだ

内側と外側から美を、というコンセプトです。




店内から撮影したので、逆になっていますが

入り口からみて左側は


d0339674_12185944.jpg


お茶やドリンクが並ぶ体の内側からのコーナーと カウンセリングデスク






d0339674_12185912.jpg


丸くて茶色いのは零芝


そのエキスが入ったドリンクを試飲…
 
甘い!...えっ苦い?....ああえぐみもある~ けど思ったより飲みやすいかも 

「その成分を宇江佐さんの体が欲しているかもしれません。」

体が必要だと、苦くてもえぐくても、拒否感うすいらしいです・・・





さて反対側は



d0339674_12185956.jpg


体の外からのアプローチ スキンケアーのコーナー






d0339674_12185915.jpg


トワレやソープも

ウッド ファイア アース メタル ウォーター  五行に基づいて作られています。 






d0339674_12185975.jpg


薬剤師の平井谷さんの問診中





私”オリジナルの漢方薬”を待っている間にふと思い出したのが

イタリアのアンティカファルマチアです。


以前、このブログにも書きましたけど

私はイタリアの古式処方の薬局(Antica Farmacia)が大好き

出かけるたびに必ず、あちこち訪ね歩きます。


イタリアの路地を散歩していると、

地元の人に愛される昔ながらの薬局があって、

売薬や大手メーカーのコスメだけでなく

カウンセリングしてハーブティを調合してくれたり

今もオリジナルのボタニカルコスメを作っているお店もあります。


これらのハーブティは漢方薬と同じで、薬。

エルボリスタという資格を持つ人のカウンセリングを受けて

自分用に調合してくれますし

15分煮出す、など煎じるところも漢方薬と似ています。

きっと昔は軟膏とかも作っていたに違いない



東洋の漢方薬とヨーロッパの植物療法

地域的に植物などに違いはあっても

『起こり』は同じなんでしょうね



漢方ブティック KAGAE




蒸し暑い夜にあう!


ちょっぴりピリッとくるメキシカン


初夏の夜、そぞろ歩いて近所のお店へ。

レストランっぽくない味?が気に入っています


これが食べたくて行く

といっても過言ではないワカモレディップ



d0339674_12185913.jpg


超シンプルな味付けだけど、ねっとり&濃厚





d0339674_12185921.jpg


サルシッチャとはまた一味違う野性味あるチョリソ





d0339674_12185911.jpg


ビーンズは必須



チキンと野菜のレモンきかせたスープも

むしむしした夜においしかった





ガイジンさん、とくにアメリカン比率がめちゃ高いのは

場所柄だけでなくって、メキシカンだからでしょうね~


ここもナイショにしたい店なんだけどな

i salsita





3カ月経ちました。


震災から3か月…”もう”なのか”まだ”か”やっと”と感じるか


立場や環境などそれぞれだと思いますが

大事なのは風化させないこと


その意味では始まったばかりですものね!

できることを続けていこう

あらためてそう思いました。



14:46、黙祷して

『ワシントンナショナルギャラリー展』へ知人と。

印象派の絵画は、癒されます~ 




d0339674_12190078.jpg


国立新美術館


いつ来ても落ち着きます~






宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie