<   2012年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

六本木で発足?


月に1回、集まろうということに。

そう決めたのは

婦人科医と会社経営している人と私。



まずは発起人3人でご飯食べようと集ったのは

Y先生おすすめの Wood Spoon 

とってもおいしかった



d0339674_12180829.jpg





d0339674_12180874.jpg





次々に出てきて、どれもこれも美味しかった中で

特にこの 『こごみ』のソース


d0339674_12180807.jpg




スープのようにゴクゴク飲みたい衝動にかられました





さてこの集まり

『からだの内からきれいを目指す』を信条にしている人の集い

ということで盛り上がったんだけど、

なぜか突然、「変わり者を誘いたいね~」

と口から出てしまった


好きなことに一途、だけど世の中的には、ウイテる?

みたいな人のこと。

自慢じゃないけど私もそう…



そうしたら 

「ソレ、いいじゃない

どんな会?と聞かれたら、うん、ちょっと変わり者が集まるんだよって、

わかりやすいよね!」

と Y先生…

そ、それはどうだろう。


なにはともあれ、楽しくなりそうな予感


      

ウォーターフロント

目の前に広がる夜景

見えるかなあ…


マンションの部屋からの眺めです。






d0339674_12180845.jpg





できたてほやほや 東京ゲートブリッジ








d0339674_12180858.jpg






250度くらいこういう景色。

毎日、こんなのを見ている人がいるわけですね006.gif


進化するとーきょーちゅーおーくでした。  



      

シンガポールで流行っているらしい

アンチョビとピーナッツ

日本にも昔からある

小魚とピーナツのちょい甘の"乾き物"

あれは、おとーさんのビールのお供ですが

こちらは、シンガポールのオサレなBARで出てくる

人気のおつまみ。




d0339674_12180872.jpg



でも、タイ産(笑)





大きな唐辛子がまんま入っています。


『カフィーライムリーブ』という葉っぱが

エスニック感を一気に盛りあげ、

止まりません…




シンガポールかタイにお出かけの際は

ぜひどうぞ~





d0339674_12180803.jpg




      

珍しいハーブティー

黒文字のお茶

アースデイ2012で買ったのですが

素晴らしい香りです!




d0339674_12180828.jpg




黒文字は和菓子を頂く時に使う楊枝、

としか知らなかったけど

鬱っぽい気分にもいいらしいのです!



メノポ時期は、気持ちがふさぐ人が多いんですよね。

私もそうです。


治療を怠けると簡単に凹むし

そんな時は、香りのよいお茶でリフレッシュしよう

と思って買ってみました。


調べてみたら クロモジの油 はスゴイらしいです。

香りにはひとつひとつ意味があるのですね。



『ローカルデザイン高知協議会』 

このハーブティの販売生産者ですが

URLも電話番号が見つかりませんでした…^-^;






  

銀座でお食事


お食事という言葉が似あうお店で・・・


天井と壁には、豪華なステンドグラス

「クジャクの目は24金でできております。」 

おぉお~~



d0339674_12180926.jpg




脳裏をよぎる懐かしのバブルライフ





d0339674_12180946.jpg




テーブルからはパーテーションで、クジャクさんは”ネッシー”状態






d0339674_12180925.jpg






d0339674_12180938.jpg





一つ一つ手間をかけて作られたお料理が、10品以上。

ブロッコリーのすり流し 美味しかったな



京料理 花郷

素敵な紳士と。





道からいきなりこのエレベーターに乗ります at銀座デビアスビル


d0339674_12180916.jpg


(写真はHPから拝借)


  

スローな薬局って


通るたびに気にかかっていたのです。




d0339674_12180950.jpg






漢方とか、ハーブとかを、オリジナル処方してくれるのかしら~





d0339674_12180920.jpg





エイッと入ったら、いい香り~



オーガニックのスキンケアーやオーガニックコットン製品

お香や精油など

エコやナチュラル系のモノがたくさん。

大好きなイタリアのAntica farmaciaみたいなディスプレーに

癒されます





d0339674_12180994.jpg





調剤は、保険調剤だそうです。

薬剤師のほかに管理栄養士さんもいらっしゃるそうなので

日頃の健康をちょこっと相談できるのかしら



私が子供の頃には”近所の薬局”が、そんな感じだったかなあ

町内にひとつは個人経営の小さな薬局があって、

薬の他に、化粧品全般を扱っていて・・・



その頃は、国内大手2社か3社のみの品揃えだったんだろうけれど、

町内の母さまたちの、キレイどころで


お店は狭くて、細々した商品がひしめき合っていて、

ガラスのショーケース&カウンターがあって、

重要商品はその中か、後ろの壁に展示されているんだけど

そこにたどりゆくまでの数歩でも、子供は、

なにかに体が触れてしまって

ばらばら~とモノが落ちちゃう、そんな感じ



母が”薬局のおばちゃん”と化粧品を選ぶのを見上げながら、

「いじっちゃだめよ」とか言われながらも

そりゃコーフンします

遊園地なみにウキウキですから、女の子にとってはね



だいたい最後に薬局のおばちゃんが、

「りえちゃんもきれいにしましょうね~」とか言って

サービスでなんか顔にぬってくれて、ご満悦


もう少し大きくなると『お使い』で

なんか買いに行かされたりして…


そうこうしているうちに

”りえちゃん”も目覚めてお年頃となり

親に隠れて照れつつなんか買いに行き・・・

という”近所の薬局”。




今は、美容情報がありすぎるほどあふれているけれど

よけいに混乱してしまって

ほんとうに自分に合うものを探すのはなかなか難しい。


デパートのカウンターで

美しいメイクの仕方は教えてくれるけど

肌に合うもの、肌トラブルになるものという”個人情報”は、

しらないものね。



薬局のおばちゃんは

「こっちのほうが”りえちゃんには”いいと思うわよ。」

なんてことがあって

けっこう的を得ていたり、する。

それは、

小さい頃からなんとなく顔を合わせてきたそれまでの時間が

それなりの”関係”として成立しているからかなあ?

なんて思う。



便利と関係性は、比例しないのかしら…



おっとと・・・

かわいい薬局を紹介しようと思っただけなのに

思いきり独り言をくり出し、子供の頃の想い出まで…



お客さんとの対話という関係性を目指しているように(私には)見えた

この薬局が、これからも、ずーーーっとここにあるなら

近所に住む人たちにとって、頼れる薬局のお姉ちゃん

という存在になれるかも

なったらいいね

スロースタイル薬局 LIKO  
 

  

肉にく魚ニク


タンパク質メインなので太りまヘン

炭水化物をやめておくだけで翌朝からだが軽くて

意外にも、太りにくい食べ方


商店街の中にあるサルシッチャのお店で

たらふくいただいて

メノポ特有のだるさとかやる気なさとか、フッショク




d0339674_12180905.jpg


ガッサータ




気が合って話ができる好きな人と食事をするのが、1番

仕事の話を、希望視点で語りあうスパイスがあれば サイコー沸点


ああ、こうしてますますオトコ化してゆくのね。

楽しいから、いっかな~





d0339674_12180951.jpg


広尾商店街の  1 uno al siccia  にて


  

日食フィーバー


あいにくのお天気の東京麻布でしたが

その瞬間だけ薄くなった雲を通して、金環日食のリングが見えました


7:30が近づくにつれて、雲が広がり、厚みも増してきて…

半ばあきらめていたら

雲の向こうに、ほんとうにその瞬間だけ見えたんです

奇跡です


写真は成功しなかったけど

ネットには美しい写真がたくさん出るからとグラスにしがみつき


雲を通して、プラチナ色でした




場所探ししようと、今朝は5:30AM起き

いつもの有栖川公園かなあ~

とか思いながら遮光カーテンを開けると、

なんとーー

目の前にSUNサン



急いで日焼け止めを塗ったくって淹れて

窓全開にして、ふたたびいそいそとベッドへ。

特等席~~~



日食グラスの漆黒も闇の中に、小さく、

欠け始めた金色の太陽が見えました。

すいっとかけると、その後は、ぐぐ、ぐぐと 削れていくかんじ。

実際は右上から欠け始めたけど、 ←こんなカンジ。


風が変わり、あたりはグレーになりました。




太陽とお月様と地球が一直線に並んで・・・

麻布界隈ではこんな感じ



d0339674_12180934.jpg



近所に住む友人が送ってくれました~




大人になれば、人に話せないあれやこれやをたくさん抱えます。

そんなとき 雲や月や星を見ながら歩きます。

空を見上げて歩くのが好き


今、この時にいて よかった





      

Donna Summer


若かりし頃、ファミレスで・・・


「ただ今満席ですので、空きましたらお呼びします。

お名前を・・・」 

と店員さん。



「トノです。」

と私たちは答えます。


はたして・・・・・・


とのさま  お待たせいたしました~」 


Yeah


くっだらなぁい(笑)

けど、懐かしい~~

20歳の頃、

仲間内で流行っていた遊びです



こういうくっだらないコトを考えだすのが

シンガーソングライターの杉真理、スギさんで、

じゅうぶん大人になった今も、変わらず、

ラジオやコンサートで繰り出しているらしい スバラシイ

毎年エイプリルフールにくっだらないメールが届いて、テンションます。




さてこの ”お呼び出しゲーム” バージョンもいろいろできまして…



「お名前をお願いしま~す。」



「ヒメです。」





「ワカと申します。」





「オウです。」





「オクです~。」




「ダンナですっ」




店員役を、声出してやってもらうとゆるい笑いを感じて頂けるかと…(笑)





仲間内でウケたのが



「サカです。」




「さかさま、こちらです~」 






番外編、変化球は


「ドナです。」




「ドナサマ~ お席が空きました。」 




Funky






今日、Donna Summer が亡くなったとの報道が…


DISCOの女王


ディスコ全盛の頃が青春時代の私たちのQUEEN



1982年から音楽番組を2本やっていたので

パンチのある彼女の歌声を耳にすると

その頃のあれやこれやが鮮やかによみがえります。

胸キュンのいろいろも…





d0339674_12181087.jpg



合掌



      

なんでも買える


ドバイに出張の知人にお願いして買ってきてもらった

ドライ

レモン丸ごと乾燥させてます。



d0339674_12181070.jpg








d0339674_12181092.jpg




袋を開けた途端

ふわわぁぁ~~すごいレモンの香り

ミイラ状態からはとても想像できません





元の姿は、ライムみたいに小さくて丸っぽい。


d0339674_12181083.jpg


(写真はペルシャ貿易のHPから拝借)


皮が薄い品種ゆえ丸ごと乾燥させられる、とどこかで読んだ気がします。



くだいて、煮て、レモネードにするとか

イラン独特のこういうスープに使ったりするそうなので

週末ゆっくりした気分の時に レッツトライ



イラン原産と聞き、

国交のあるドバイなら売っているかな~と

現地案内の方とあちこち探してくれたそうですが 

ナント日本で手に入ることがわかり......  ナイショ ヒミツ イエナイ....


なんだって売っている日本という国。




こちらも頂きました。


d0339674_12181040.jpg




中東っぽいです。

ボトルもパッケージも濃厚なローズの香りもすべてが、ザッツ香水!



ドバイかぁ。


      

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie