<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

はじめのいっぽ


『お初の店』、よく知った人のおススメでない限り

なかなか行かなくなりましたが

恵比寿ービストロで検索して、電話した時のこと。

これは相性よくないかな~

と、ちょっと及び腰に…

『初めの1歩』は肝心で、『一事が万事』 

経験上、そう思っているからです。



はたして・・・・・・

友達を迎えに駅前へ

お店のある路地を、ズンズンズン。



目印はすべてあるのに、お店がな~い


電話しても電話応答な~い

かけ続けながら、ぐるぐるぐるぐる~~~~

たどり着いたら15分も遅れてしまいました

ぜったいに遅れませんと言った手前です。


がしかし、電話は全く鳴らなかったと

「(来ないから)そろそろ電話をしようと思っていました。」と...

うーむむ..................

『初めの1歩』の勘は当たってしまうのか



いいえ

生ものが苦手な友への丁寧な気遣い

フロアー担当の若い女の子が明るくできた子で

何ごともなく食事を終えられて

ひと安心で結果オーライ

友だちも喜んでくれて




d0339674_12174498.jpg









d0339674_12174497.jpg


デザートではないクリームブリュレ




d0339674_12174447.jpg


パープルのアワ泡は巨砲 中は鰤





d0339674_12174490.jpg


コンソメのアワ泡 マツタケ入ってます





d0339674_12174449.jpg


エゾ鹿をチョイス





d0339674_12174426.jpg


クリームソースの、つけ麺





d0339674_12174414.jpg



栗の温かいデザート




美しくて若さを感じる美味しい料理。

コースで5250円

このお店はこのコースのみなので完全予約制みたい。

だからきっと、予約の電話の時に

プライバシー?と感じることを

聞いたのかもしれないなと思います。



語らいとお料理に夢中で

ふと気づけば

他のお客さんは娘くらいの年齢の女の子ばかりで

なんかちゃいました



レ マリア?ジュ ドゥ ガク

      

食べたい時が食べ時


時々、無性に食べたくなるモノ

それは、ラーメン カレー 餃子です


今週月曜日

餃子5皿くらい食べたいなDAYで

近所のラーメン屋さんの餃子を食べに行きましたが

「ニイちゃんまるで焦げてますぜ」という

ヒドイ出来



なので

写真は

以前、散歩の途中で見つけたお店の餃子です。


d0339674_12174419.jpg


 麻布十番にあるこちら




みなさん、美味しい週末を~


      

ナットクは安心のモト

ボーコー炎の決着をつけに再診へ。

「前回の採尿検査ですでに膀胱炎のレベルではなかったので、

たぶん、救急外来で出た抗生剤が

よく効いたのではないでしょうか。」


そうだったのか~


「女性は身体の構造上、

膀胱炎になりやすいので気を付けてください。」

気をつけます! こりごりだモン。



初回と同じ、若い男性の先生でした。


私が状況や状態の説明をしている時も

聞いていますよ とこちらに伝わるジェントルさが

心ジョウブで、

説明も簡潔で分かりやすいお医者さん。



『聞き方が上手な医者は概して説明も分かりやすい』

持論なんですが

あながち無関係ではないような気もするのです。







d0339674_12174450.jpg



北里大学病院 泌尿器科H先生







これにて、一件落着!

ご心配くださった皆さん

ありがとうございましたm(_ _)m



➩ 失敗…


      

このメイク下地!


”煌めき度合い”も気に入ってます



d0339674_12174427.jpg


ローラメルシエの ファンデーションプライマー



煌めき度合い と 使い心地


ツヤ感は大人の肌にぜひともしたいところです。


ただ個人的には、用心しているポイントがあるんですよね、

それが、『きらめきの度合い』です。




たとえば ”キラメキ”

このカタカナ文字から感じる印象を

キラキラが前面に飛び出すハデなイメージ

とすれば、

”主張するキラメキ”には正直なところ

エイジングスキンは負けてしまって

お肌はくすんで

顔全体の印象がズンと落ちて見えることが…

華やかさをプラスしたいのですから

逆効果です



40代半ばからのお肌に欲しいのは

”きらめき”

落ち着きがある柔らかな煌めきは

浮かず、違和感なく、

ツヤ感となって

お肌のトーンアップにひと役買ってくれるはずです


エイジングウーマンは元気に魅せるべし 


そういう点でこのプライマー

上品な煌めきで

白浮きしないところもポイント高しです。





実はこの使用感、

私のいつものスタイルである

ファンデなしの『パウダーのみ』のベースメイクで

威力を発揮してくれました

これはていねいな下地作りがモノ言うところがあるので、

以来すっかり頼りにしています




オキニポイントは、まだあります。


ヒタッッ..... というフィット感

固めだと夕方、ひび割れしそうで不安。

柔らかすぎれば笑いじわに入り込みそうで心配

固くなく、柔かすぎない、ほどよい加減も



もうひとつ

ちょっとマニアックかもしれませんが、

肌の上に置いて指の腹で広げると

2~3回でスッ.....っと

”定まる”。

肌の上で落ち着くこの”タイミング”が絶妙です




あるメイク下地を失って以来

探し続けていた使い心地、

求めていたポイントをクリアーしてくれた、優れモノ。

惚れモノです


ローラメルシエ  ファンデーションプライマー グロウ

    

気分転換





d0339674_12174470.jpg




朝から驚くほど機嫌が悪かったのは

近所の介護施設に入所している友人が

どんどん変わっていってしまうから…。



きれいで、おしゃれで、面倒見がいい

ほんとうに素敵なマダム。


脳の血管の病で倒れてからの

変わりようを

じつは受けとめ切れていなくて

今も、あがいているからだと。



そういう

奥底に押し込めた感情に気づくことができたのは

籠ろうとする私を散歩に誘い出し

理由も聞かず

金木犀が薫る風の中を

ただただ一緒に歩いてくれた

イケてるヒトのおかげでした。






d0339674_12174594.jpg







ヨワイなぁ。


今日は、素敵な殿方とお食事

数年来のお友達、Eさん。

年齢は私より若いのに

温厚で落ち着いた紳士、

ロールスロイスが似合っています




d0339674_12174582.jpg






車好きで、お仕事もそういう関係で、

日本に5台?しかないというポルシェと




d0339674_12174599.jpg



こちら

イギリス生産最後、22年前のロールスロイスだそうです。



私は車に疎くて

せっかくていねいに話してもらっても

「へ~」なんてカンジで…;

車好き男子にはホント申し訳ないんですよね…

私たち世代の殿方にとって、車は、

”車というモノ”以上の意味がある存在、ですから



疎くたって

助手席から見るこういう眺めはステキ

グッときちゃいます




d0339674_12174530.jpg




      

『食べ方』!


救急外来の翌朝は

いつも行く北里病院の、泌尿器科へ。

ここで2日分の抗生剤が出たので、計3日分ですね。

そして1週間後の再診を予約しました。



若干へたり気味でしたが、銀座へ。

友人由利さんとのランチ

こういう約束はハズしません



あるクリニックで行われる治験のために

”採血”した私たちの足は、自然と…




d0339674_12174529.jpg


しゃぶしゃぶ しかも牛豚肉ダブル



「血をとったから”せい”のつくものをネ」

ってヤツです。

風邪ひいた時も「せいのつくものを食べなくちゃ」とか

今でもよく使いますよね!?



ちょっとマジメな話になりますが、いつも思っていることがあります。



若い人を中心に『栄養失調』状態の人が多い

という話を、聞いたことがありますか?

日々食べ物が、ゴミとしてムダに捨てられる

飽食の国ニッポンで、栄養失調。


食べ物がないから栄養失調ということではもちろんなく、

”足りない栄養素”と”摂りすぎの栄養素”があって

そのバランスが悪く偏って起きる栄養失調状態

というものです。



摂り過ぎの栄養素として、”糖分”があります。

私たち日本人の主食、ご飯には糖分が含まれていて

白米をフツウに食べていれば糖分は摂れるはずですが

甘いお菓子を合間にぱくぱく食べる、

これが日常的な人は、当然糖分の摂りすぎに傾きます。


現代人に糖分過多は起きやすい状態、と言えるのではないかと

若い人たちのコンビニ活用頻度や

菓子パンを食べる様子は気にかかっていました。

”脂質”も、摂り過ぎ傾向です。



足りていない栄養素には”タンパク質”があります。

お肉やお魚 卵から動物性、

豆腐や納豆など大豆製品から植物性たんぱく質から摂れますが、

私たち人間の体を作る主たる成分。

欠かせない栄養素ですが

これを避ければ痩せられるなど一昔前のダイエット文句から

今も勘違いを続けている女性もいるようですし、

私も長年続けていた

マクロビオティックの食べ方では

動物性たんぱく質は避ける食材になっています。



ですが、栄養面から考えると

週に3回は食べたい、

動物性植物性合わせて”しっかり”食べたい

特に若い人は毎日でもいいと思います。

ざっくりと書いてしまいましたが

三大栄養素で摂取必須です。



コンビニなどで買った袋菓子で

”とりあえず空腹を満たす”という食べ方で

体の維持に必要な栄養素はまったく入ってきません

というより

百害あって一利なし

食べることに無頓着過ぎます。

食べ方はダイジです



「買い食いは止めなさい。」

「ご飯の前にお菓子を食べてはいけません。」

「せいをつけよう。」


小難しい栄養素の話なんて知らない昔から

こういう日常的な言葉で

祖母から母へ、娘へ、言い伝えられてきたこと、

それが

『健康に生きるための知恵』

だと思うのです。





d0339674_12174563.jpg


      

失敗…..


昨夜、病院の夜間診療へいきました。

夜中の救急外来に1人…

蛍光灯の白い灯りの薄暗い廊下…

これでも十分心細いシチュエーションですが

先に重症の方が2人入っていて

今、命の危機に直面しているという空気がひしひし......

これは精神的に堪えます…



で、私はといえばどうってことのない膀胱炎。

だけど1時間半待っている間に

徐々に悪化して

「ここのトイレに住まわせて~」

という状態に



はっきり書きますと

血尿と痛みが出ました。

こうなると抗生剤の力を借りないと治まらないことは

経験済みです。

それなのに

病院へ行こうと決心するまでに私がとった行動は、

中国茶をガブガブ飲んで

じゃんじゃんトイレにいって 

菌を流し出すぜという作戦。

これが甘かった………

徐々に悪くなり、結果、後れをとりました



しかも昨日の夕方 

検査と診察で婦人科へ行っていたのです。

その時点でお医者さんに相談していれば

悪化させることはなかったかも

という反省もあり…




お疲れモードで抵抗力や免疫力が落ちて

女性は膀胱炎になりやすいです。

トイレの時に違和感があったら

けっして油断しないこと

早めに泌尿器科へ行きましょう。

抗生剤が出ますから、日数分を飲み切り

必ず再診に行きましょう

薬を飲んだから大丈夫~

と中途半端にしないで決着をつける

再発しやすい膀胱炎にはこれが大切です。


こんな経験をどうぞしませんように





d0339674_12174537.jpg



      

足から手へ


いつも持ち歩くポーチの中に、コレ






d0339674_12174561.jpg





べたつきにくく

伸びがよく

保湿力は高い

私にはとても使いやすいハンドクリーム


夏の間は

サンダルでシゴカれている”かかと”にも

大活躍してくれました


ニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラ ハンドクリーム





今週も前向いていきまっしょ


    

美味しいモト


発酵食材  


お気に入りはご多分に漏れず

塩麹

ブームになって久しいですよね~


私はだいたい、乾燥塩麹の元で作ります。

作って1日1回かき回して1週間くらい。

あとは冷蔵庫に保存するだけの手軽さだし、

お肉やお魚を漬ければ旨み倍増

風味づけにドレッシングにちょっと混ぜたりもします

旨み調味料としてかなり重宝します





d0339674_12174644.jpg







今日は漬けておいた鮭をば


鮭の赤い色素アスタキサンチンにはとっても強い抗酸化力がありますし

エネルギーやタンパク質の代謝に欠かせないビタミンB群、

コレステロールや血圧降下によいDHAとEPA、

骨作りに重要なビタミンDをカルシウムと一緒に摂れるので一石二鳥


料理も手軽なアンチエイジングの 鮭です



昨夜は、麦味噌仕立てで野菜たっぷりの『ほうとう』

今年初の鍋

美味しくて温かくて




      

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie