<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

元の位置へ!


1か月半ぶりの UNSARTO



d0339674_12164711.jpg





久々に、分け目を本来の位置に戻しました  楽

ドライヤーで乾かすだけでスッとおさまります

髪も仕事も人生も流れはダイジ ナンチッテ



元々の分け目は左ですが

その生え際にミゴトな”ソリコミ”が出現したのは30半ばだったか…

写真にクッキリ写ったので 即反対側へ。



長~く同じところで分けていたことと

とくに私の場合は、髪の重さが原因です。



20代後半の数年、背中の真ん中くらいまでのロングヘアでした。

当時の私の毛量だと、

これはそうとうな付加が生え際にかかってます

しかも当時はタレントで、メイクさんがきれいにしてくれます、

毎回セットに引っ張られる力や

やんちゃで元気な髪をまとめるためにヘアピンを大量に使うこと、

そしてつねに生え際にかかる重さのトリプル負荷で

ソリコミ出現したと思われますル


分け目を戻したのは

変えてからまたしても年月がたってしまい

ショートだからダイジョブかなという淡い期待……




頭皮に愛を

髪はとくに後悔先に立たずです、女性もね







d0339674_12164731.jpg



ここの若い男子はいい子揃いで なぜか

みな思考が?若干オヤジくさい  

⇒ 年齢的距離感短縮傾向

= 髪も頭皮も、ココロもリフレッシュ



UNSARTO brog

      

7月30日朝

8時25分ごろ


今年もこの時間がやってきました。

初猫のプントが逝ってしまった時間です。

そして、うらら&たろもの誕生日。



ほぼ日記の意味合いで

毎年この日、書いています。





d0339674_12164710.jpg







不治の病と闘ったプントですが、

最期はゼッタイに自宅でと

願ったとおり看取ることができたので

この時間はその場所に座って

あの時、あの頃を振り返るのが

ナントナク恒例になっています。







d0339674_12164751.jpg






心残りがないくらい

プントが看病させてくれたおかげで

驚くほど早く

次の子を迎える気持ちになりました。


その秋、うららがやってきて

冬に、たろもが家のことになり

まる14年のつき合いになりました。







d0339674_12164746.jpg





眠って、食べて水飲んで、

うろうろ歩いて、時々走って

猫らしくいてくれること

一緒にいてくれること

それだけで私は嬉しい。


ここまでよく生きました。



15歳のお誕生日、おめでとう!!


      

裏書がミゴト!


広尾のナショナルマーケットで見つけて

ちかごろ買い足し気味です



d0339674_12164729.jpg







d0339674_12164722.jpg


工夫していますよね~

700円くらいです。






d0339674_12164797.jpg



満足できる甘さと トロンツルンとした舌触り

いわゆる

『食べた感あるヘルシースィーツ』




そろそろ甘いものが欲しくなるジ・カ・ン ですね~


      

10分メニュー


なんちゃってポトフ

気がつけば7時でぺこっ腹 

外に食べに行くのも、暑い~



水で煮込んだ冷凍の牛すね肉 

ほろほろ崩れる柔らかさと、味が染み出たスープが美味

これさえあれば

野菜と一緒にオリーブオイルですこし炒めて

水だけ入れて圧力鍋へ

準備5分煮込んで5分の 時短で極旨メニューの出来上がり



d0339674_12164863.jpg





バケットが欲しいところだけど米しかない

お漬物は合わない

麦入り5分づき米とシンプルすぎるカップリング ごめんネ~



      

排出指令!


毎日こつこつ育てている

”腸内フローラ”ちゃんは

きっと根こそぎ持っていかれてしまいます

下剤は強制的だから


だけど…

バリウムさえも溜め込もうとするケチで怠けモノの私の

いえ、.腸 


なんとか自力排出希望の今夜は

発酵食&食物繊維オンパレード


オリゴ糖&きなこをたっぷりいれたケフィア

納豆with亜麻仁油

そしてコチラ



d0339674_12164823.jpg







d0339674_12164873.jpg





素材の味、ほのかな甘みが美味しいから

お気に入りのこのオイルをかけて

あとの半分は、

これまた発酵食&食物繊維のお漬物で塩気を足して




今朝のレントゲン検査直後、

私に下剤2錠を飲ませながら、看護師さんは言いました、

「バリウムが固まらないように

下剤も効きやすくなるので

この後とにかく水分をたくさんとってください。

食事は消化の良いものを。

ダメなら、寝る前にもう2錠飲んでください。

明日午前中までに出なければ、バリウムはもう出ません。」



「バリウムは、どこにいっちゃうんですか?」



「腸のなかにはヒダがたくさんありますが、その中に入ってしまいます。」






怠けてる場合じゃない

なんとしてもガンバレ  私のチョー


      

先手必勝です!






d0339674_12164883.jpg



お気に入りのペパーミントティー

ガブガブ飲んでいます。

朝一で、バリウム飲んだから~



年に1度の検診期間 スタートしました

子宮体ガンと頸ガン検診は、結果待ち。

今日の午後乳がん検診 来月に全体の検診 at北里

問題なければ、今年のノルマ終了です




具合が悪くなってから病院へ行くより 健康を維持するほうが

手間も、時間も、お金もかからないし

楽で、気楽


大事な人のため、

快適で自由に日々を楽しむために

自分の健康は自分の責任として

先に手を打っていくが、勝ちです


40過ぎたら乳がん子宮ガンの検査も1年に1度 忘れずに



      

そのなごり

まわりにハタ迷惑なくらい

げらげら笑いながら話ができる人がいます。


成人の頃に知り合い、

今でも、話しながら笑っています。


キビシ~話をしていても

いつのまにか笑っている自分がいて。 


楽しい時、幸せなコトは増幅されて

ぺしゃんこな気分の時も

分かれる頃には前を向いていたり。



意見を聞けば

自然で、カユいところに手が届く言葉が戻ってくるので

「そっか~いいんだな。」

と心強くなれるのです。

聴き上手なのですね!




「スバラシイ才能だよ~」

といつも言うけど

「そ~おぉ~何にも考えてないのよ~」と。



そりゃキツかっただろうに・・・という

彼女自身の話を

後になってこともなげに言ったりします。

感情の振り分け方

気持ちの逃がし方が上手なんだろうなと思うのです。


親の介護が大変だったのですが

「私より大変な人はいるし・・・

節目になんとなく人が助けてくれて

ラッキーなのよね~」と…



『人は強くなければ優しくなれない』 

大好きなこの言葉が頭に浮かびます。



どってことないことで笑えるって

なんて素敵なこと。




でも、私はまだまだ彼女に返せません。





d0339674_12164844.jpg




at アンリ・シャルパンティエ



      

女性のミカタ


むくみやすいから

体内水分を調節してくれるスイカはありがたい

夏のヘルスビューティーにスイカは栄養的にも

とてもいいですね

食べ物の成り立ち、うまいことできてます




d0339674_12164856.jpg





が、重いっ

帰り道の買い物ついでにはキビシイので

散歩やウォーキングの手ぶらの時とか

買ってきてもらうとか 



美味しい季節になりました

冷やすと甘みが増します。

エアコン切って、適度に火照ったカラダで

キンっと冷やしたスイカを食べる楽しみ


      

日暮れると・・・

学生さんは夏休みに入ったのですね

昼間はカラリと暑くて夜は爽やかな風が吹く・・・

北イタリアの夏みたい

とはムリがありますが(笑)

過ごしやすくなった東京です。

日やけをさけて日暮れから 

ジョグに出かけることが多いのですが

昨夜なんて、汗が引く爽やかな風でした。





d0339674_12164973.jpg






想い出に残る夏休みになりますように。


      

食物繊維のチカラ


麦ごはん

アンチエイジングと腸内環境は密接なつながりがありますが

エイジングウーマンでアレルギーもある私の場合ホントに

腸内環境を重要視しています。


女性はエイジングによって

女性ホルモンが減ると同時にコレステロール値が急に上がります。

女性ホルモンがコレステロールを材料に作られているという

女性の体のしくみの1つなので

総コレステロール220で要注意、治療を考慮

というのは特に疾患がない女性には基本なくなりました。


とはいえ

年齢的に生活習慣病のリスクは赤丸付急上昇にhなるので

腸内のコレステロールは排出すべし

そのためには食物繊維を摂る

食物繊維は、腸内のコレステロールを包み込んで

うん〇と一緒に体外に出してくれるのです~



『食物繊維をたくさん摂る』 

といっても、これがなかなかね~

毎日やらなきゃ意味なし。

そこでいつもの私の『ナマケてキレイ策』は、

野菜たっぷり、わかめや豆腐を入れたお味噌汁を作る

大豆製品 豆類をいつも料理に使って食べる

毎日のケフィアにきな粉やオリゴ糖、フルーツを入れるなどして

食物繊維 on 食物繊維 または、食物繊維二乗 を心がけていますが

もう一つ 

手軽でおススメなのは 麦ご飯 なんです





ごはんに混ぜて炊くだけ

愛用品です。



d0339674_12164981.jpg





うちは基本、玄米か5分づき米です。

玄米には小豆を入れますが

分づき米にはこの押し麦を入れて炊きます。


味は変わらないし、スキだから続いています。

女子には好評だけど

という男子、けっこう多い

メタボにいいんダゾ




とわりと麦ファンなのですが

先月の抗加齢医学会総会の市民講座に参加したら

コレを頂きました



d0339674_12164975.jpg





健康と”内からビューティー”においてとても興味深い



お米と同じように麦にも「うるち種」と「もち種」があって

これは「もち種」。

プチプチップリプリッの食感 女子はだと思うな~

ご飯としてだけでなくて

夏は、トマト・アボカド、ハーブを散らしたサラダに入れて

レモンいっぱい絞って地中海風 とか

冬には、野菜スープやトマトスープに入れても美味しいと思いますっ



「もち種」は、食物繊維の量と質が良い

その量は「うるち種」より3割多く、玄米の4倍とか

しかも不溶性より、水溶性食物繊維のほうが多くて

粘着性がある水溶性食物繊維βグルカンの働きで

消化吸収がゆっくりになり

糖の吸収速度もゆっくりになるのでインスリンの分泌が抑えられます。

朝食べると昼ご飯、夜ご飯にまでその効果は及ぶ

と、このサンプルに入っていた資料にあります。




日本人が大好きな主食『白いご飯』も

食べすぎれば糖質過多になると言われ

お肌のたるみやくすみの原因にもなる『糖化』要因の1つになりえますが

麦を混ぜて炊くことで、食後の血糖値の急上昇が起こりにくくなります

しかも麦はお米より低カロリーで、腹持ちがよいので

太りにくい要素があるんですね。


この「もち種」はいつも私が使っている押し麦より、腹持ちヨイです。


現代人は『1日5g+したい食物繊維』達成への近道にもなり

太りにくく、下っ腹ぽっこりが解消できて

美肌になれるし

ご飯に入れるだけで味も変わらない

健康&『内からビューティー』によく、手間もないなんて

ナマケてキレイには欠かせないアイテムです





15年ほど前

興味があって出かけたのが

日本の長寿村として世界的に有名な、長谷村。


土地が痩せていてお米が作れず

昔ながらの主食は、3食とも麦だけご飯。

おやつも麦 という悲しい(?)歌があるほど麦三昧。

坂道山あいの村で必然的に運動量が多くなるなど

厳しい条件が現代においては

健康的な”長寿村”の要因となっています。

80代90代でふつうに野良仕事をしている

お肌ツヤツヤ目ヂカラあるおじいちゃんおばあちゃんがゾロゾロ


この長谷村で『麦のチカラ』を知って

内ご飯に麦を入れるようになりました。

ウソのようなホントの話



麦ごはん、おススメです



はくばく

     

宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie