<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

戦友


「もしなかったら

私たち出逢っていなかったよね~」

と彼女は言いました。


たしかに



世間知らずなオンナが想いを胸に始めた

オリジナルの下着ブランド

『Re;essence』のことです。

恥ずかしながら私、やってました



商品コンセプトを説明するだけで

ひと苦労という時代に

打てば響く理解の速さと感性に

救われました





d0339674_12154072.jpg



野村皮膚科医院 野村有子院長 です







長~いおつきあいになり

今回も

何を食べたか忘れるほど、よく

よく

たくさん語らって........................






d0339674_12154187.jpg



at brasserie holoholo







d0339674_12154125.jpg







d0339674_12154111.jpg



at Radio




「りえさんといると楽しい~~」と言いながら

タクシーの中へ消えた

野村先生でした


私も 







とくにアトピーやアレルギーで悩んでいる方

信頼に足る

素晴らしい臨床医ですよ

野村皮膚科医院





 

youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得



なんという気温差


いま、仕事場は・・・



d0339674_12154137.png








蒸し暑いの苦手だから

イキイキしてますけど

涼しくって気持ちいい~

去りゆく夏がちょっと

とか思ってますけど、

ストレスをもたらす

ストレッサ?は対人関係や

忙しさだけでなく、

気温含めた気象条件

こういう”うっかり”しがちなものも入っています




夏の浮かれ気分とは そろそろ


体調のボトムキープ策を考えていきましょう




昨日、今日、明日と

気温も気象条件もクルクル変わる

季節の変わり目は

体温調節がスムーズにいかないこともあって

体調を崩しがちです


体の深いところではすでに

冬に向けての準備が

始まっていますから

こと

カラダが多忙な秋口には

持ち主は、協力的になりましょう


これがホントの『自分を慈しむ』ってコトかと





足が冷たくて

今朝からレッグウォーマー女です


虫の音が聞こえてきたことだし

サンダルから、靴へ

おしゃれも楽しい秋ですね






オマケ



前菜食べ終わったら・・・



d0339674_12154186.jpg



元気でた~







d0339674_12154134.jpg


好み







d0339674_12154177.jpg





at ciuri ciuri  曇り空の週末に 





   

youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得



自慢したいこと。


大事なことを相談しに愛に行きました016.gif






d0339674_12154178.jpg







どんな話でも

聞いていると

心の奥の奥が

すーーーっとします。





出会えたことが

人生の勲章

自慢

ありがたいことなのです♡








d0339674_12154183.jpg




あ!

大好きだけど

この方ではありません006.gif







   

youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得




色いろ...

秋色ネイル

モスグリーン



ダークブルーっぽくも見える

言い表しにくい

微妙な色合いが気に入って





d0339674_12154126.jpg


ADDICTION 048 






ペディキュア用に

カーキを探してはや数年

来夏は出会えるといいな~







オマケ


最近、眠る前に読んでいる本です。






d0339674_12154100.jpg



再読です。





体温より高い気温

ゲリラ豪雨

進路が変わった台風


広島の土砂崩れ

人も、地球も、泣いています。



   

youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得




HRTとの出会い

対馬ルリ子ライフクリニック銀座へ


3カ月に1度

HRT薬2種とビタミンB、C、Dを

出してもらっています




d0339674_12154204.jpg



「最近どう?」みたいな話もしちゃう診察室







対馬先生と初めてお会いしたのは

更年期ナビゲーターとして伺った雑誌の取材でした。


当時よくわからなかったHRT(ホルモン補充療法)を

明解に話されたことが

とても、印象的でした。



振り返れば、当時は更年期でグダグダで

「治療」に心が動いたものの

『薬使わない派』で長く生きていた私にとって。

「薬を、毎日、何年間も、飲み続ける?!!」

まして

「消えゆくのが運命のホルモンを

人工の、代替の、ホルモンで、

補充するなんて !!

気持ち悪りぃ~~~~~」


本気で、こう思っていました。



でも「待てよ」と…

自分の体で実験するなら

志向・嗜好と真反対にあるもののほうが

話のタネになるし、

オモシロイかも〜〜

もう子供を持つでもなく、

私1人の体なのだから、と。



こうして

摩訶不思議な
(当時本気でこう思っていました)

HRTを始めました。

50歳になったところでした。




使い出してすぐ

「ああ~なんて楽なんだろ~」

って思ったものです!

数年前まで私はこんなだったんだのか~っ
て(笑)



集中力が戻り。

居場所を失ってアワアワしていた気持ちも

落ち着きを取り戻し

ダルさが軽くなって動きやすくなりました。


幸せ感じました(^○^)

今はこの楽にも慣れてしまったけれど(笑)


その雑誌の取材で

更年期に強く魅かれ

自分の体験実感もあって

更年期啓発に本気で取り組みたいと

心が決まってしまい、

カウンセラーの資格を取って

今ではHRTを説明する立場となりました。



GOGO歳になったこのごろ

症状が軽くなったなあ~と

ちょくちょく感じます!(^^)!

時期が来れば

やっぱり、ちゃんと、落ち着いてくるもんですね!



もし、あのきっかけがなくて

治療をしていなかったら、きっと、

不調をがまんして

自分に不安な

不自由な数年だったと思います。





来月から久しぶりに

『40歳からのきれいの心得』セミナーを開いて

ベースメイクやスキンケア、食など

『メノポケア』について

お話させて頂くのですが、

メインにしている『更年期』の回では

学術的な話だけでなく

実感体験も折りこみたいと思っています。


『ここだけの女のはなし』

ってやつです(^-^)v





   

youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得



お気張りやす~

都心のお盆はとても静か。

離れたらモッタイナイ

というか

お盆の週に入ると同時に風邪

異常に咳が出るので

日々、腹筋を鍛えています003.gif







d0339674_12154289.jpg



このすき間がうららのお気に入り






さて

晩夏です。



陽射しがやわらかくなって

モリモリから、薄く流れるような雲に変わったら

『秋に向けての体調&お肌管理』

開始としています







d0339674_12154225.jpg



昨日の空

秋の雲。切替時です049.gif




今ごろ、油断しやすい”夏冷え”

ぐえ~っ と思うかもしれないけれど

湯たんぽ使ってもいいです049.gif


『冷えとり湯たんぽ』は

お腹、腰からお尻、二の腕の後ろ側、腿を

湯たんぽで各5分くらい温めます。


温かい血液が体中を巡り

続けると温まってきますよ!


ほてりにもいいんです。

毎日、お風呂の前にやれば

お風呂上りの汗ダラダラ~が軽くなります。

更年期のほてりにも有効です。




べたつくからイヤ!

と敬遠しがちなクリームで

今から油分補給しておくと

陽射しの色が変わっても

なんか顔が沈んでる…

にならずにすみます049.gif



ちょっとした日々の”お手当て”が

元気で、美しく、美味しい秋口へ

いざなんてくれます051.gif




風邪っぴきがナニえらそーに

と身近から聞こえますが.....037.gif






youtubeもやってます
40歳からのきれいの心得




素敵な"女"







d0339674_12154245.jpg






数々の有名女優のスタイリングを手がけ

美しい女たちを

さらに輝かせるだけでなく

別の一面を掘りおこして引っ張り出す







d0339674_12154262.jpg



ベテランスタイリスト

えなみ真理子さんです。





えなみさんとは

美の賢人』でブログメイトなのですが

今回、初対面。


そりゃもうウキウキで事務所におじゃましました041.gif








d0339674_12154203.jpg







きっかけはご著書です。





d0339674_12154244.jpg





ファッションの話にとどまらず

ライフスタイルにも提案、言及。



大人になるほどこの時間と手間、ゆとりが

大きなポイントになると思っているので

本のタイトルと共に 

共感の嵐です053.gif





厳しく優しく

愛あるえなみさんの言葉で

この本は埋め尽くされています。



読後感は、

爽やか。

私はモヤモヤがスッキリしました。









d0339674_12154265.jpg






親愛の情をこめて「えなみ姐さん!」と呼びたい

そんな気風のよさの中に

繊細さが見え隠れして

年下なのに失礼ですが...

キュートな”女” でした。






d0339674_12154255.jpg





歳を重ねるごとに、カラを壊す



「だって」

「でも」

は、横に置かなきゃな~




   

えなみ真理子さんとの対談は

Youtube 40歳からのきれいの心得

2回に分けてお送りします

初回は明日、15日アップで~す






キターー!夏風邪には


ヒドイ咳と共にやって来ました…

這う這うの体で週末を迎え 

待ってました

とばかりに寝ております


ん~鬼のかく乱






d0339674_12154271.jpg







この風邪は咳がヒドイッ

咳きこむほど、熱が




いつものようにアロマで

風邪対策です



今回は咳対策がメイン

精油は、ユーカリラディアタ 

ラベンダー

ペパーミント (のつもりがボトルを間違えてました)

をチョイス


キャリアオイルはアルガンオイル


左端は、以前ご紹介した『マイ頭痛薬






d0339674_12154382.jpg






ユーカリラディアタをアルガンオイルで希釈して

ノドと胸にたっぷりすりこみ

気管支、狙い撃ち


熱もすこしあるので

ペパーミントを少し加えます。

とっても楽になります



ラベンダーは風邪菌対策と

咳きこむストレスの緩和で

首まわりのリンパ中心にぬりこみます




精油配合のマッサージオイルは

筋肉のコリからくる頭痛によく効くので

肩から首の後ろ全体と

頭の下の方まで

これも広い範囲にぬります。




部屋にもこれら精油を芳香して

中からも風邪菌撃退



この方法を金曜夜から続けてていますが

翌朝にはまず

歩けないほどの頭痛が消えて

そーとーしつこい咳も

痰がからんできました
( 免疫クンの勝利って印し)



薬で押さえこむのと違って

私の免疫くんの戦いを

アロマにバックアップしてもらうので

治り出したら早いです




どんどん♂化する声に

ビビられてますけど





お盆休み

お楽しみはこれからだッ

ですから

みなさん気を付けてくださいね




動画Youtubeでも、お気に入りのこの マッサージオイル をご紹介しています
 
40歳からのきれいの心得


白髪のなやみに


メラニン色素が生産されなくなる原因は

現時点では不明だそうです

ただ

「メラニン合成関連遺伝子の発現促進効果がある

3種類のペプチドを特定し細胞レベルで確認した

このことは、この3種のペプチドが

内部に色素を取りこまれなくなった毛髪へ

再び色素を供給・定着させて、

白髪を根本から改善させる効果があることを示唆する」

との研究発表を

先日聞いてきました




d0339674_12154342.jpg


アンファー株式会社 プレス発表会にて






『髪のメラニン』は、増やしたい

のに

『皮膚のメラニン』は、消し去りたい


思惑次第で、

メラニン色素の存在意味、価値って変わっちゃう


相反する問題解決は難しそ~

でも白髪治療ができたら

受けたいみたい




私は白髪体質なのか

早30歳くらいで、1本2本と…


現在の対策は

月1度、美容院できれいに染めてもらって

あとは市販のヘアマニキュアを使って

髪の付け根を自分でカバーしています。



髪を染める工程が入ってからは

美容院で過ごす時間が長くなって

正直くたびれますし

毎月、頭皮にかかる負担もシンパイ

けど

やらないわけにはいかない……


ココ、なんですよね


始めたらやり続けることになるのが髪染め




髪を染めるということについては

とても真剣です

ぜひとも読んでいただきたいっ




染毛剤は大きく2つに分かれます。


ひとつは

ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント 酸性カラー 

これらは『半永久染毛剤』で、

『化粧品』枠の染毛剤。


もう1つは、

ヘアカラー、ヘアダイなどと

ヘアブリーチなどの脱色剤。

こちらは『永久染毛剤』。

『医薬部外品』の染毛剤です。




『永久染毛剤』は字のごとく

染まり具合も色モチも良いので

利用されている方は多いと思いますが、

じつはこの中に含まれる成分

『ジアミン』は

頭皮に刺激が強いのです


私個人としては

ヘアカラーはできるだけ避けて欲しい

と思っています。



自然素材で安心と言われる『ヘナ』も、

商品によってはジアミンが入っていますので

確認することをおススメします



ジアミンは刺激が強い物質と覚えておいてください




アレルギーなんてないヨという方でも

ジアミンが

発疹などの皮膚疾患を誘発することがあります



知人の元気な男子、

アレルギーっケもないとのことでしたが

ある時、ヘアカラー後に

赤い発疹が全身に出たそうです、

手の甲までと言ってました。

「赤イボ蛙みたいでしたよ」って…オイオイ


3日くらいで消えてその後問題ないそうですが

聞けば

仕事で疲れていた時期だったそうです。


ここも気をつけたいポイント


ふだんはトラブルにならなくても
(食べ物含み)

ストレスや疲労、体調不良がベースにある時

なにかの『刺激が引き金』になって

アレルギー状態を起こし、そのまま

アレルギー体質に傾いてしまうことがあります



現代人は、いつなんらかの

アレルギーを発症してもおかしくないと言われる状況ですし、

1度そういう体質になってしまうと

完治はなかなかで

日常的に、と~っても厄介です。

ならないほうがいいに決まってます





半永久染毛剤ですが

ヘアマニキュア・ヘアカラートリートメントが

よく耳にする名前かと思いますが

色の入りがあまり良くないし

毎日のシャンプーで落ちやすいけれど

『ジアミン系』は入っていません。


ここ、大きな違いです




ということで私は

ヘアマニキュアで染めています

ヘアマニキュアだって

長く続けていると

髪にけっこう色が残るもんですよ




かなりおおざっぱに言ってしまうと、

髪は、傷んでも伸びるから

取り返しがつきます

でも、頭皮のダメージは

そうはいきません


頭皮を傷めると

エイジングと共に、後々後悔することがある

経験から、そう思っています





以前、周りのひとたちに

男女問わず意見を求めたことがありました

「私、染めるのをやめたい」

「髪が白いままではダメかなあ~」って。


結果、

「顔とアンバランスだから、まだ早い」

「60歳まで待ったら」


という意見が多く

ここは客観視を重視して

もうしばらく髪染めを続けることにしました。



こうして

染毛剤とは長いお付き合いになります。


まず、安全で確かな染毛剤を選び

体調と相談しながら使いましょう



頭皮も

優しくていねいにお手入れする

そういう女性が

最後に笑うのです





白髪のなやみにpart2 は こちら

Youtubeです 40歳からのきれいの心得

 


白髪のなやみに2


女は40歳からが本番だからネ

ここからもっときれいになっていこうよって

思っています


女性ホルモンに振り回される時期でもあるので

女ごころチアアップの”ツール”になればと

スキンケアーなど”モノ”の紹介もしていますが、

そういう時は、

1週間とか1か月とか、

モノによりますが、試用してみて

40歳からの女性の”女ごころは上がるか”

じ~~と観察してみます 



ただ今回は初めて

未試用で、モノをご紹介いたします。

(理由は動画Youtubeをご覧くださいませ)



Youtubeからお越しくださった皆さん

お待たせしました



白髪染め

『スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント』です。



・1回できれいに染まる染毛力

・髪と頭皮への優しさ

・染めるたび髪の補修になる


この3つが処方の特徴です。



まず、

浸透型コラーゲンによって

髪の内部に色素が浸透し

同時に色素を引き込み

とうもろこし由来のたんぱく質でコーティングすることで

色の入りと色モチを実現。




PHが中性で髪や頭皮に優しい処方

part1でお話したジアミンはじめ

パラベンなど5つの成分フリー。
(成分名は?に記載されています)



ヘアサイクル 抗炎症 フケ痒み抑制 消臭成分など

育毛剤共通成分7種類配合で

頭皮のケアをめざし

そして

研究開発で細胞レベルで確認したという

白髪ケア成分、3種のペプチドを配合。
(PART1に書いています)



最後に、

染めるたびに

キューティクルを補修して

エイジングによって失われる髪のつやがアップ。

しかも、髪の強度も上がるそうです。

ここ、私的に ポイントでした。




d0339674_12154370.jpg


アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント







さて

PART1から、なぜ

ヘアケア製品にウルサく書いているのか

その理由で終わりたいと思います




私はアレルギー体質で、それは

頭皮から始まりました。



30歳ごろのことです。

髪にちらほらと白髪がみえて

市販のヘアマニキュア剤を使って

自宅で、髪を染めました。


この、ドッテコトナイことが

アレルギー体質発現のきっかけとなって

以来25年

まあ…全身のどこかがつねに痒いです



中でも強烈にアレルギーを起こした頭皮は

今も1番”怪しく”

信用できないパーツ

用心しています。


たとえば

パーマはかけない。

かける時は、

体調と季節を選び

皮膚科の薬を片手に

シャンプーは超厳選

ヘアケア製品は、髪”のみ”に使用。

スプレーやムースなどガス入りはご法度


ただ、

アレルギーという点をはずせば、

頭皮はすこぶるすこやか

ダメージの元となるものが使えなかったおかげで

GOGO歳にしては

髪のコシハリは存分に維持

疎水性も高い(高すぎる.....)

元気な髪です


今思えば

けがの功名ですネ




ふしぎなことに

私のアレルゲンにヘアマニキュアは入っていません。

それなのにあの時

髪の3分の1が抜けてしまった・・・・・

それは

ストレスや過労という”ベース”があって

ヘアマニキュアという刺激が”引き金”になった

これが、皮膚科医の見解でした




髪の色を変えたり

で水着や短パンになれたらなあと

幾度思ったことか……


痒い肌

ブツブツがある肌

色が変わってしまった肌

痒くて眠れない夜


いつまでたっても

何歳になっても

慣れません


いいことないので

気をつけてほしいのです




慎重に、ていねいに

自分の体質、髪質に合うものを探す

これが大切です


そして

長いつき合いになるものですから

バリエーションを持っていると

よいと思います


敏感肌の人はかならず

パッチテストをしましょうね

パッチテストの方法はYoutubeでお話していいます。

映像のほうが分かりやすいと思いますので

よろしければ~

    


ブログ 白髪のなやみにpart1こちら

長いブログのきっかけはこちらです Youtube40歳からのきれいの心得



宇江佐りえ ブログ


by ueza-rie